2017年8月20日 (日)

8/20の傍観車

 いわゆるカスタム系と呼ばれるスポーティーなものとは一線を画す、大人のラグジュアリーを体現するような真のプレミアムカーが軽自動車にもあったらいいなと思うのは私だけではないはずです。

 これからますますシニアドライバーが増えていく中、必ずこのようなコンセプトのクルマが支持される時代が来ると私は信じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

8/19の傍観車

 ダイハツ続きで、今度はパールホワイトのソニカを見かけました。

 本格的な軽のプレミアムカーとしてデビューしたものの、販売不振のため4年足らずで廃盤になってしまったという不遇なクルマです。

 でも、いまだに私はこのクルマのコンセプトを支持していて、新たな形で再発売されないかなぁと期待しているんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

8/18の傍観車

 黒いルーフに白いボディー、サイドミラーとCピラーが赤という3トーンカラーのダイハツ・キャストスポーツを見かけました。

 前にも書きましたが、このカラーリングだと、まるでイタリアのホットハッチみたいに見えますね。国産車には珍しい伊達さを感じさせてくれる一台です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

8/17の傍観車

 エコカーでもう一つカギを握っているのがディーゼルかもしれません。

 ヨーロッパで始まったコモンレール式ディーゼルを筆頭とするエコディーゼルの波が日本にも伝わり、ロータリーを休止していたマツダがこれに飛びつきました。

 「スカイアクティブD」として発表されるや、ディーゼル嫌いのここ日本においても評判を呼び、今や多くのモデルに主軸エンジンとして採用されるに至りました。

 今後は、ハイブリッドとの結びつきなども考えられ、新たなる進化を遂げる可能性もあると思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

8/16の傍観車

 トヨタのハイブリッド攻勢に反撃を開始したのがノートに採用された日産のe-POWERシステムでしょう。

 ガソリンで発電して走る電気自動車というシンプルなアイデアは、複雑な複合システムで成り立つトヨタ式ハイブリッドとは一線を画すもので、大いに期待できます。

 これからのエコカー戦線は間違いなく要注目といえるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

8/15の傍観車

 そういえば、現在のヴィッツには、とうとうハイブリッドモデルが追加されましたよね。

 同じコンパクトカークラスにアクアという大ヒットモデルがあるため、長らく設定が無かったものの、背に腹は代えられなかったんでしょうね。

 カローラにもハイブリッドモデルがあったりと、とにかく最近のトヨタは少々ハイブリッドに頼り過ぎなのが気になりますが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

8/14の傍観車

 パールホワイトの現行3代目トヨタ・ヴィッツを見かけました。

 この3代目、2010年の登場から8年と随分ロングライフモデルになりましたよね。

 フェイスリフトも2回行われ、現在のものは初期型と比べると、だいぶデザインの印象も変わりました。

 フロントはよりアグレッシブで大胆なデザインになり、近年のトヨタデザインの典型ともいえるもので好印象なのですが、リアコンビネーションランプまわりの意匠だけはどうも曖昧な形状で解せませんね。初期型のソリッドでシャープな印象がだいぶ薄れてしまいました。

 同じトヨタのアクアにユーザーを食われて久しいヴィッツですが、日本にコンパクトカーブームを起こした張本人なんですから、なんとか頑張ってほしいと思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

8/13の傍観車

 トゥインゴの姉妹車が現行2代目スマート・フォーフォーです。

 生産もトゥインゴと同じスロバキアのルノー工場で行われるということもあり、この両車、シルエットなどはあまり変わりがありません。

 ただ、ブラックアウトしたリア周りの処理など、個人的にはトゥインゴの方がよりオシャレで魅力的に感じますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«8/12の傍観車