2017年7月21日 (金)

7/21の傍観車

 無類のクルマ好きを自他ともに認めるトヨタ社長の豊田章男氏。

 自らもステアリングを握り、モータースポーツへの参加にも熱心です。

 聞くところによると、6台の愛車を所有しているそうですが、自社のレクサスLFA以外はどのメーカーのどのクルマを所有しているかはシークレットだそうで、ちょっと知りたくなりますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木)

7/20の傍観車

 ミライを作るトヨタも、メルセデス同様、イメージを大きくアグレッシブ&スポーティーな方向に変えてきたメーカーですよね。

 ちなみに、こちらは、リーダーの意思によるところが大きいようで、豊田章男氏のモータースポーツ好きが最大限に生かされての結果だといえるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

7/19の傍観車

 初代Aクラスで実現するものと期待を寄せていた燃料電池車は、結局、トヨタがミライで実現させましたよね。

 どういう形であれ、実車として市場に投入出来たトヨタの功績は称えられて当然でしょう。

 ただ、インフラがなかなか追いついていかないのは歯痒いばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

7/18の傍観車

 現行3代目Aクラスといえば、今やVWゴルフの好敵手として、市場でも熱い販売競争を繰り広げていますが、個人的には、初代の崇高な理念が失われてしまったようで、興味は失せてしまいましたね。

 何度もヨシキ・ログでは書いていますが、やはり、燃料電池車の一般市販化がAクラスで実現しなかったことが大きいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

7/17の傍観車

 白い現行3代目メルセデス・Aクラスを見かけました。

 初代、2代目とは全く違うスポーティーなコンセプトで仕切り直して登場した感のある現行Aクラスですが、営業的には成功したと言えるんではないでしょうか。

 メーカー全体でも、かつての質実剛健一点張りから、スタイリッシュでスポーティーなクルマを作る会社というイメージにすっかり変わりましたよね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

7/16の傍観車

 次世代エコカー…ここに来て「本命不在」が叫ばれるようになりましたよね。

 勿論、有力な技術がないわけではなく、インフラ整備が進まないということに問題があることは言うまでもありません。EV(電気自動車)もFCV(燃料電池車)も、市販化されながら言わば「生殺し」の状態にあり、先を見通しづらい状況にあると言えます。

 ただ、アメリカの法律などがEV優先に動いたこともあり、今後、世界中のメーカーが一気にEVに傾くということは考えられるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

7/15の傍観車

 グレーの現行2代目三菱アウトランダーPHEVを見かけました。

 評論家などの間では評価の高いこのクルマも一般的には完全な希少車ですよね。

 確かに、スタイリングは地味だし、マイナーチェンジを繰り返しても、たいして見栄えは変わらないため仕方ないのかもしれません。

 ただ、エンジンを主に発電用として使い(実際は動力補助としても使用)、EV的要素を大きくしたというコンセプトは、後の日産ノートe-POWER登場のヒントとなったことは間違いないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

7/14の傍観車

 フェイスリフトというマイナーチェンジ時の手段。

 モデルイヤーの長い欧州車などでは昔からお馴染みですよね。

 かつて私も乗っていたメルセデスのW124型Eクラスなどは、大々的なフェイスリフトと同時にシリーズのネーミングまで変更したということで、日本にこのフェイスリフトという手法を認知させたものかもしれません。

 ただ、実際に乗ってみると、エンジンまで新世代のものに変わっていたりと、ほとんどフルモデルチェンジに近いものだったことが分かり、感心したものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«7/13の傍観車