« 6/17の傍観車 | トップページ | 6/19の傍観車 »

2005年6月18日 (土)

6/18の傍観車

 今日はクルマの塗装について。

 私はクルマの色の中では「白」が一番好きです。さわやかで清清しくて・・・・、この色がスタイリングにピタリとはまると最高にカッコいいと思うんです。
 一時、この国では猫も杓子も白、白、白とばかり、白いクルマが溢れ返っていましたね。それが、いつのまにかシルバーにその座を奪われ、すっかりマイナーな存在になってしまいました。なぜでしょう?

 ところで、ここで私が言っているのは、白は白でも「ソリッドの白」で、この塗装には色々良い面があるのです。
 例えば、耐久性・退色性に優れているので、手入れも簡単。ゴシゴシ擦り洗いをしたって平気だし、磨き栄えもします。さらに補修の際は安価で済むというオマケ付です。

 それに比べると、最近急速に広まった「パールホワイト」はどうでしょう。
 まず問題になるのが経年変化です。たいていのパールホワイト塗装は3コートタイプで、分厚いクリア層が掛かっていて、これが年を経るにしたがって黄ばんでくるのです。
 全体に均一に黄ばむならまだいいのですが、鉄板面と樹脂面でこの黄ばみ方に差が出てくるというのが問題なんですね。おおむね3年目位からこの差が目立ってくるようで、街中でこのようなクルマを見かけると、ついつい「かわいそう・・・・」と思ってしまいます。
 それに第一、価格が高い!いってみればプレミアムカラーなんです。

 私は決してこのような色の存在自体を否定しているのではなくて、メーカーのカラー設定にソリッドホワイトがなくて、パールホワイトのみということが最近特に多くなってきたことを問題にしているのです。
 そういうと、「ソリッドホワイトは安っぽいよ」という人もいるでしょう。でも、デザイン・スタイリング次第でこれほど栄える色もまたないんですよ。

 ここは是非、営業車や廉価グレードのみではなく、すべてのグレードにソリッドホワイトの設定を復活して頂きたい・・・・、そう思うんです。

|

« 6/17の傍観車 | トップページ | 6/19の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/4593304

この記事へのトラックバック一覧です: 6/18の傍観車:

« 6/17の傍観車 | トップページ | 6/19の傍観車 »