« 7/28の傍観車 | トップページ | 7/30の傍観車 »

2005年7月29日 (金)

7/29の傍観車

 昨日は高級車の話でしたから、今日は大衆車、しかも軽自動車の話・・・・。

 先日も書いた通り、今から20年前、私の初めての四つ輪は軽自動車でした。ダイハツのミラ・ターボというクルマで、これがなかなか良く走る、いいクルマでした。
 若い人は知らないでしょうが、その頃、軽の世界はパワー競争で、ダイハツ・ミラ、スズキ・アルト、三菱・ミニカ、スバル・レックス・・・・と、それぞれのメーカーが、それぞれ独自の技術で「軽のスーパーカー」といってもいいくらいの凄いスペックを持ったクルマをリリースしていたんですね。しかも、4ナンバー登録なら、軽自動車税がさらに安くなるということで、主流は商用車だったんですよ。「商用のスポーツカー」とは、いかにも妙な話ですが、これが現実だったんです。
 もちろん、エアバッグなど無い頃の話ですから、安全性など、今から思うと背筋が凍る思いもするのですが、車重500kg前後で64馬力、フルタイム4WD、15バルブ3気筒DOHCターボエンジン、スーパーチャージャー・・・・と、各社の新しい技術に夢中になっていたことを憶えています。

 今の日本には、あの頃の馬鹿馬鹿しいくらいのお祭り騒ぎは、もうありませんが、そんな時期を経たからこそ、質・内容ともに成熟した自動車が造れるようになったんでしょうね。

 でも、最近の完成度の高い軽自動車を見ている時、ふと、その頃のことを思い出したりするんですよ。

|

« 7/28の傍観車 | トップページ | 7/30の傍観車 »

コメント

15バルブ、ありましたね。あれも小排気量V6と同様、バブルの遺産なのでしょうか。

Primera

投稿: primera | 2005年7月29日 (金) 21時33分

まいど、primeraさん(^_^)/

そうですね。ユーノス・プレッソというクルマが1800ccのV6を積んでましたっけ。
それと、三菱のミラージュにも確かV6があったような・・・・

当時はワクワクして見ていましたよね。

投稿: ヨシキ | 2005年7月29日 (金) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/5160204

この記事へのトラックバック一覧です: 7/29の傍観車:

« 7/28の傍観車 | トップページ | 7/30の傍観車 »