« 7/29の傍観車 | トップページ | 7/31の傍観車 »

2005年7月30日 (土)

7/30の傍観車

 最近のクルマの装備で、普及著しいのが、電動パワステですね。

 最初、日本の軽自動車を中心に装備されていたものが、普通乗用車にまで拡大してきたものです。
 はじめの頃は、その操舵感が無機質で、路面からの情報が伝わらない、などの欠点ばかりが目立ち、「ホントに普及するんかいな?」と懐疑的に思ったもんですが、今や皆さんご存知の通りです。
 やはり、この普及の原動力となったのは、省燃費・好エネルギー効率の追求からではないでしょうか。今までの油圧ポンプ式パワステは、常にエンジン動力の実に5パーセントから10パーセントも必要とするため、どうしてもパワーフィールと燃費の悪化が避けられなかったんですね。その点、電動なら、直接的にエンジンパワーを削がれることはなくなるので、いろんな意味でも良いわけです。

 それにしてもこの装備、本格的に普及し始めてまだ間もないというのに、随分改良されてきましたね。
 私が乗っているマーチは、まだ電動パワステ初期の頃のもので、フィーリングの違和感は正直否めませんが、最近のティーダやノートでは、これも随分良くなってきています。
 ただし、これも「慣れ」の要素が大きいような気がするんです。事実、私のマーチも慣れてしまうと、あの低速で異常なほど軽い操舵感が、かえって便利で心地よく感じてしまうんですね。また、路面情報の伝わり難さも、経験で難なくカバーできますし・・・・。

 そんなわけで、今はこの装備を大変重宝に使わさせていただいている毎日なのです。

|

« 7/29の傍観車 | トップページ | 7/31の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/5172251

この記事へのトラックバック一覧です: 7/30の傍観車:

» 「ナルディ」、「レカロ」・・・魅惑の記号 [YPの移り気な日々]
YPのGOLF4には、VW純正の皮巻きステアリングが付いています。 初めての”皮 [続きを読む]

受信: 2005年8月 1日 (月) 22時31分

« 7/29の傍観車 | トップページ | 7/31の傍観車 »