« 9/9の傍観車 | トップページ | 9/11の傍観車 »

2005年9月10日 (土)

9/10の傍観車

 フォルクスワーゲンのニュービートル・・・・、もうすっかり定着しましたね。若い人はビートルといったら、こちらのほうを想像するに違いありません。

 これなど、デザインの記号性を物語る良い例でしょう。ハード面で見れば、オリジナルビートルとニュービートルとでは、エンジンの搭載位置・駆動輪など、まるで正反対のクルマで、なんの連続性もないのですが、多くの人は、どちらもビートルであると認めているからです。

 それほど、「デザインの力」は強いということでしょう。だからといって、外見だけでハードはからきし・・・・というのは問題外ですし、ハードさえ良ければ見てくれはどうでもいい・・・・というのも間違った考え方だと思うのです。
 なんでもそうですが、要はバランスということなんでしょうね!

|

« 9/9の傍観車 | トップページ | 9/11の傍観車 »

コメント

ニュービートル、やはり成功の鍵はそのデザインではないでしょうか。元祖ビートルのデザインのエッセンスを引き継ぎながら、かつモダンな雰囲気も兼ね備えている、という意味でなかなか巧みなデザインだと思います。

ハリウッド映画で女優が良くこの車に乗っているシーンが出てくることからも、この車の人気が窺われます。

Primera

投稿: primera | 2005年9月10日 (土) 08時02分

まいど、primeraさん(^_^)/

私は以前、何度も、ポロの代車でこのクルマに乗っていましたが、この丸いドーム型のボディーデザインは、最初のうちこそ車両感覚・見切りが掴み難いんですが、慣れると不思議なくらい体にフィットするんですね。

それで、この車が欲しくて、検討したんですが、2ドアである点、ラゲッジスペースの不足から諦めざるを得なかったという経験があります。

また、そのときの想いが、今のマーチを選ばせる要因になったのかもしれません。

投稿: ヨシキ | 2005年9月10日 (土) 08時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/5775976

この記事へのトラックバック一覧です: 9/10の傍観車:

« 9/9の傍観車 | トップページ | 9/11の傍観車 »