« 9/13の傍観車 | トップページ | 9/15の傍観車 »

2005年9月14日 (水)

9/14の傍観車

 前に、日産ラシーンが私の理想のクルマに近いと書きましたが、今日は、あらためて整理してみようと思います。

 まず、サイズが5ナンバー枠内で、全高が1.55m以下であること。(理想的には4000mmx1680mmx1500mm位)
 内外装・ハードの造りが、国際的レペルで見ても高品質なこと。(私はこれをもって高級車と定義します)
 おしゃれでエスプリを感じさせるスタイリング。(私の場合、貴族的趣味よりはポップでモダンなのが好み)
 タフでヘビーデューティーにも充分使え、汚して乗っても様になること。(補修が楽でリーズナブルに出来ることとイコール)
 最新のカーテクノロジーを反映していること。(安全・環境・燃費・エンジン・トランスミッション・駆動システムetcの性能に関して)

 以上が、現時点で私が考える理想のクルマの条件です。
 もちろん、これは私の全くの独り善がりですし、この「傍観車」を読んでいる皆さんは、それぞれに考えをお持ちのことでしょうね。
 そこで、もしよければ、いろんな意見を寄せてもらえればありがたいな、と思います。
 よろしくお願いしますデス<(_ _)>

|

« 9/13の傍観車 | トップページ | 9/15の傍観車 »

コメント

スペック的には、僕も国内では使いやすいと思います。あえていえば、日産ティーダがやや近いのかなと(勿論日産党のバイアスはありますが)。なぜかといえば、マーチのシャシを上手に使いこなし、内装も大衆車にしては本気でシートサイズや縫製、パッドの質感などに気を使っていること、です。マニュアルがあれば買ったかも知れないのに(需要がないのでしょうね)。

仮に、このティーダをベースにシャシーやダンパーを徹底的に見直し、内装も作り替えてBMWクオリティを達成したら画期的でしょうね。

でも、そうすると、問題は、値段でしょうね。ブランド代は別にしても、1シリーズが300万円することを考え得ると、日産ブランドでも、250万円はする?とすると、ティーダの100万円アップ。これに消費者が納得してくれるかですよね。

と考えると、ティーダでは割高感が強いのに、なぜみんな1シリーズだと喜々として買うのか。ブランドとは何なのか。なかなか難しい問題にぶち当たってしまいました。

Primera

投稿: primera | 2005年9月15日 (木) 00時23分

まいど、primeraさん(^_^)/

鋭い提案ですねぇ・・・・
でも、ホントなら、シャシーやダンパーを見直すより、最初からキッチリした品質で、プラットフォームを設計したほうが、結果的には安く出来るはずですよね。それなら、250万円くらいは多くの人が納得しそうですけど・・・・
(レクサスなら間違いなく売れそう)

投稿: ヨシキ | 2005年9月15日 (木) 06時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/5825512

この記事へのトラックバック一覧です: 9/14の傍観車:

« 9/13の傍観車 | トップページ | 9/15の傍観車 »