« 9/18の傍観車 | トップページ | 9/20の傍観車 »

2005年9月19日 (月)

9/19の傍観車

 今日は、ちょっと面白い話を聞いたんで、書いてみようと思います。

 最近、リア・ブレーキランプ等にLEDを採用したクルマが増えていますよね。これは、低消費電力・長寿命と点灯反応時間の短縮という意味で歓迎すべきことですが、採用には、メーカー間で随分格差があるように感じていました。一番進んでいるのは、トヨタで、それを追いかけるホンダ・・・・、遅れている日産その他メーカーという構図でしょうか。

 勿論、その有効性は各メーカー共認識しているはずですが、高コストという壁があったのです。トヨタはいち早く、このLEDを大衆車に採用すべく、サプライヤー各社に供給依頼をしたのですが、価格の折り合いが付かなかったそうです。
 そこでトヨタは社内で自製する道を選んだというのです。まあ、実際は子会社が、それにあたったそうですが、それにしても、独自で開発するのは大変だったということです。
 そして、ウィッシュを皮切りに、一気に大衆車にまで普及を果たしたというわけです。今では、ヴィッツの全グレードでの採用等、他社を圧倒している状況ですよね。

 メーカー自体のスケールメリットと自製による低コストの合わせ技で、トヨタのこの分野での優位は当分揺るぎそうにもありません。

|

« 9/18の傍観車 | トップページ | 9/20の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/5902463

この記事へのトラックバック一覧です: 9/19の傍観車:

« 9/18の傍観車 | トップページ | 9/20の傍観車 »