« 10/8の傍観車 | トップページ | 10/9の傍観車 »

2005年10月 8日 (土)

気まぐれログ(トヨタ・ラクティスの巻)

 今回のクルマはトヨタのラクティスです。

 このクルマは、ファンカーゴの後継車種に当たるのですが、ビスタ店消滅とともにネーミングを変えて、新たにカローラ店とトヨペット店で扱うことになったというものです。
 また、車高をやや抑えて、スポーティーな印象を与えているところも、新味を感じさせます。
 新型ヴィッツをベースに再構築される派生車種の第一弾としてデビューしたこのクルマを今回は見ていこうと思います。

 まず外観からですが、これは見事なまでの「トヨタウェイ」で、コンピュータに今のクルマのトレンドを総てインプットし、それを平均して忠実に実車化しました、という感じのものです。アクや嫌味が無いかわりに、まったく印象に残ることもないでしょう。
 それでも、トヨタ車はこれでいいんだと私は思います。クルマで目立ちたいと考えている人より、存在を消したい・自己主張したくないという人のほうが現実は圧倒的に多いのですから。

 内装もその流れに準じていて、誰にでも使いやすく問題が無いように作られています。ファンカーゴに比べてスポーティー方向に振ったところも目に付きますが、それも程々に抑えられています。ただ、あれだけ固執していたセンターメーターをやめた事は注目に値するかもしれません。
 また、各シートの造りもそれなりにしっかりしており、全席補助椅子みたいだったファンカーゴからは随分改善されていますし、乗員空間もたっぷりしています。
 そして、ラゲッジスペースですが、これもそつなくまとまっていて使いやすいものです。特に床下収納などの小細工が無いかわりに、標準床面はかなり低く抑えられているので、相当な大物も無理なく積み込めます。さらに後席のダイブダウン機能やハッチ開口部の広さなども細かく煮詰められており、使い勝手は掛け値なしに商用車並みといえます。

 試乗しました。SU-LEV、可変バルブタイミング機構付1.5リッター4気筒DOHCエンジンに7速シーケンシャルモード付CVTを組み合わせたG“L Package”というグレードの2WDモデルです。
 まずポジションを決める際に、ステアリングのテレスコピック機能が便利です。そしてキーフリーシステム採用のため、スタートもボタンを押すだけでOK・・・・と、最新機能満載です。これらはヴィッツからの流用と思われますが、ラクティスには新たにクルーズコントロールまで装備されています。また、自発光式を採用した新スタイルのメーターも大変見やすいもので感心しました。
 そして、いざスタートすると、CMで流れているようなスポーティーな印象とは逆で、非常におっとりとした走りのクルマです。乗り心地も、最近のこじっかりしたトヨタ流ではなくて、かつてのクラウンなどに見られたしなやかさ重視のものでした。でも、私はこの感じ、嫌いではありません。むしろ、この方がトヨタらしいと思うくらいです。もちろん、新型ヴィッツがベースですから、基本的にはしっかりしていますし、1640mmとミニバンにしては低く抑えられた全高のおかげで操縦安定性も及第点です。
 また、小回り性能ですが、16インチタイヤを標準採用していながら、4.9mに回転半径を抑えているのが運転していても実感でき、好印象を持ちました。これには、軽めなセッティングの電動パワステも寄与しています。見切りの良さ・取り回しのしやすさも、ボンネットこそ見えないものの総じて良好でした。ブレーキ性能にも問題はありません。
 ただ一点、CVTのモード設定だけには違和感を感じました。ちょっとした上り坂でも、ノーマルモードのままだと、いっぱいいっぱいになってしまうのです。もちろん、スポーツモードやシーケンシャルモードに切り替えれば、見違えたようにキビキビと走るわけですが、街乗りでこれをいちいち操作するのは面倒です。やはり、ノーマルモードに登降坂制御だけは入れるべきではなかったのでしょうか。試乗していませんが、ひょっとしたらモード切替なしのCVTを搭載する下位車種のほうが走りは活発な印象かもしれません。

 総評です。
 いつもながらトヨタのクルマには感心させられます。本当に気持ちに引っかかるようなところがまったく無く、クルマの存在を忘れてしまうからです。裏返せば、クルマ好き・カーマニアにとっては、まったく興味の対象外ということになってしまうのですが、冒頭に書いたように、数の上から言えば圧倒的にクルマを単なる道具としてしか捕らえていない人のほうが多いわけですから、押しも押されもせぬ大メーカー・トヨタにとってはこれでいいのです。

 そして、私の意見もまったくの同感で、「クルマで自己主張する必要は無い、高性能で道具として満足に使えればそれでいい、さらにはタワーパーキングに入ることも無い」という人に、このラクティスはうってつけだと思います。

|

« 10/8の傍観車 | トップページ | 10/9の傍観車 »

コメント

僕はカタログでしか見ていないのですが、リアドアの切り込みが相当下の方から開いているのが、驚きでした。
あとおっしゃるように、全車16インチタイヤ装備、それでいて4.9メートルの回転半径、というのは実用的ですね。

でも、ファンカーゴの方が個性という意味でははっきりしていたかも、という気も少しします。

Primera

投稿: primera | 2005年10月 8日 (土) 22時52分

まいど、primeraさん(^_^)/

確かにファンカーゴは個性的でした。でも、今回は年配客の多いトヨペット店でも販売することになったので、あえてあの様な落ち着いたスタイリングにしたのだと思いますよ。

投稿: ヨシキ | 2005年10月 9日 (日) 00時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/6307845

この記事へのトラックバック一覧です: 気まぐれログ(トヨタ・ラクティスの巻):

« 10/8の傍観車 | トップページ | 10/9の傍観車 »