« 気まぐれログ(日産・ウイングロードの巻) | トップページ | 11/22の傍観車 »

2005年11月21日 (月)

11/21の傍観車

 先日見かけたニュービートルは、ダッシュボードの一輪挿しに赤いバラの花を生けていました。

 そもそもこの一輪挿し、オリジナルビートルの時代からこのクルマの象徴的アイテムとして認知されていました。堅物のイメージがあるドイツ人にしては洒落た装備ですよね。というよりポルシェ博士のセンスを誉めるべきでしょうか。
 ヒトラーの一声で始まった国民車計画・・・・、その開発責任者に指名されたポルシェ博士のささやかな抵抗だったのかもしれません。

 いずれにせよ、この一輪挿しが高度にインテリジェント化された今のクルマに問いかけるものは大きいと思うんですが、どうでしょう?

|

« 気まぐれログ(日産・ウイングロードの巻) | トップページ | 11/22の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/7075981

この記事へのトラックバック一覧です: 11/21の傍観車:

« 気まぐれログ(日産・ウイングロードの巻) | トップページ | 11/22の傍観車 »