« 11/28の傍観車 | トップページ | 11/30の傍観車 »

2005年11月29日 (火)

11/29の傍観車

 インフィニティーのFX45を見ました。

 このクルマは日産がアメリカで販売しているクルマですよね。並行輸入という形で日本に入ってきたんでしょう。シーマにも積まれているV8 4.5リッターで豪快に走るフルサイズのアメリカンSUVです。

 そんなクルマがコンビニの駐車場に停まってたんですが、完全に1台分のスペースからはみ出していました。ムラーノですら日本では持て余すというのに、よく乗るよなあという感じです。

 でも、そのスタイリングはなかなかカッコいいですね。アメリカではもう2年くらい前から売られているそうですが、そうなると日産のデザインが一番勢いがあった頃のデザインということになります。

 たかだか2年ですが、日産のデザイナーにはこのFX45でも見て、もう一度気を入れ直して欲しいものですよね。

|

« 11/28の傍観車 | トップページ | 11/30の傍観車 »

コメント

FX、写真でしか見たことありません。ムラーノのモダンで、ちょっとSFちっくなデザインとは全然テイストが違って、有機的ですよね。

某掲示板でも、日産デザインピークアウト論がいわれているようです。癖なのですかね。S13,R32,Z32が前回のピークでしょうか。

Primera

投稿: primera | 2005年11月29日 (火) 19時22分

こんばんは、primeraさん(^_^)/

FX45ですが、実際見た印象はムラーノのプレミアム版という感じで、結構モダンなものでしたよ。

私はあのスタイリング、好きですねぇ(*^_^*)

投稿: ヨシキ | 2005年11月29日 (火) 19時38分

ヨシキさん、
デザインに使用するツール類と関連はどうなんでしょうね?
昔は鉛筆とか粘土モックですね。
今はコンピュータと大型プロジェクター投影です。
そういうのを継続的に使用し続けた時、
個々のデザイナーが受ける影響ってあるんでしょうか?

例えばワープロで作る文章と原稿用紙の手書きって、きっと違うと思うのですよ。
ワープロの文章はきちっと推敲しないとワープロ臭さが残る。

最近の(そういう意味では2年前も含むのですが)デザインは、
プロジェクター映えするデザインだなぁ、とよく思うんです。

投稿: savoy | 2005年11月29日 (火) 22時57分

まいど、savoyさん(^_^)/

まさにおっしゃるとおりだと思います。
ご存知の通り、日本ではCGとCADが完全にデザイン分野では主流ですが、イタリアのアルファロメオなどはクレイモデル(粘土模型)をいまだに重視しているんですよね。

その違いは確かに「フォルムの奥深さ」の差となって現れているような気がします。

投稿: ヨシキ | 2005年11月30日 (水) 06時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/7248379

この記事へのトラックバック一覧です: 11/29の傍観車:

« 11/28の傍観車 | トップページ | 11/30の傍観車 »