« 11/29の傍観車 | トップページ | 12/1の傍観車 »

2005年11月30日 (水)

11/30の傍観車

 今日はアメリカにおける日産の立場について。

 ご存知の方も多いでしょうが、日産はアメリカで長いこと「ダットサン」という名で売られてきました。それが、トヨタの高級ブランド「レクサス」のアメリカ進出にあわせて、「インフィニティー」ブランドを立ち上げたというわけです。
 クルマもレクサスのLS400(和名セルシオ)に対抗してQ45をリリースしたのですが、この勝負は完全にレクサスの勝利と終わりました。そして、レクサスはアメリカでプレミアムブランドとしての確固たる地位を確立したのです。
 一方、出鼻を挫かれたインフィニティーはダットサントラックの知名度を生かし、SUVで勝負に出ました。そのクルマが昨日の傍観車でも書いたFX45であり、ムラーノであるわけです。また、それらはそこそこの成功を収めていると聞きます。

 そんなわけで、欧米での日産はトラックやSUVのメーカーという受け取られ方をされているのが現状なのです。
 日産ユーザーの私としては、フェアレディーZやスカイライン、マーチ、キューブなどの乗用系のクルマでもっと認知されて欲しいと思うんですが、残念ですね。

|

« 11/29の傍観車 | トップページ | 12/1の傍観車 »

コメント

米国でいうフルサイズトラックにトヨタをさしおいて日本勢で一番乗りしたのも、日産でしたね。その名も、タイタン&SUVのアルマーダ。ただし、ガソリン価格高騰で出鼻をくじかれたようですね。

Primera

投稿: primera | 2005年11月30日 (水) 22時56分

まいど、primeraさん(^_^)/

そのようですね。
「プロジェクトX」で、アメリカにフェアレディーZの熱烈なファンがクラブを作っていて云々というようなことをやっていましたが、実際はあくまでも一部のマニアの話らしいですし・・・・

投稿: ヨシキ | 2005年12月 1日 (木) 06時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/7264208

この記事へのトラックバック一覧です: 11/30の傍観車:

« 11/29の傍観車 | トップページ | 12/1の傍観車 »