« 12/10の傍観車 | トップページ | 12/12の傍観車 »

2005年12月11日 (日)

12/11の傍観車

 昨日に引き続き車型の話。

 ミニバン全盛の中、3ボックスセダンも復権をかけて頑張っているようです。鬼門とも言えたユーティリティースペースの改善、多用途性の追及、セダンならではの安らぎ感演出 etc・・・・

 その中でも、トヨタがプレミオ・アリオンから始めたラゲッジスペースのカラクリはちょっと面白いと思います。
 それは、今まであったトランクスルーの発展系ともいえるもので、後席をダブルフォールディングとし、平らな荷室面を得た上に、リアトレイ(トランクルーム上部隔壁の一部)を脱着可能にするという荒業です。
 これによって、実質的なラゲッジスペース(ショルダーラインから下)はハッチバックとほぼ同等にまで拡大するので、大概の荷物なら賄えそうですし、多用途性も出てきます。
 トヨタもさすがに「これはいいぞ」と思ったのか、続くマークXでもこのアイデアを継承しましたよね。

 このスタイル、あくまでもセダンスタイルにこだわり、乗員と荷室空間を分けたいユーザーにとっては魅力的かもしれません。でも、ここまでやるなら、いっそのことハッチを切ってしまったほうがいいような気もします。
 実理性を尊ぶフランスには、以前から3ボックススタイルの5ドアハッチが沢山ありますし・・・・

|

« 12/10の傍観車 | トップページ | 12/12の傍観車 »

コメント

ヨシキさん、
プレミオですが、トランクのヒンジが内部に入り込んでいます。
スペースはあるのに入らないんですね。
ゴルフバック4つ入りませんでした。
どうせならもう少し頑張ってほしかったです。

投稿: savoy | 2005年12月11日 (日) 20時29分

まいど、savoyさん(^_^)/

その通りですよね。
トランクリッドタイプの限界なんですかね。(パンタグラフヒンジならOKなものの、そこまでやるなら・・・・)

やはり、フランス流がいいと思いませんか?

投稿: ヨシキ | 2005年12月11日 (日) 21時38分

>やはり、フランス流がいいと思いませんか?
そうなんです。
自慢めいていたので書かなかったのですが、
プレミオで4つ乗らなかったため、私のエグザンティアに乗せました。
横幅がキツイので乗せ方に工夫が必要ですが、ちゃんと乗りましたよ。
(って、しっかり自慢です。)

投稿: savoy | 2005年12月11日 (日) 21時57分

savoyさん、

ご自慢大いに結構、それを待ってたんですよ!
代々、シトロエンは収容能力がピカイチですからね。

明日の傍観車でもこの話題を続けますので、お楽しみに・・・・

投稿: ヨシキ | 2005年12月11日 (日) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/7440103

この記事へのトラックバック一覧です: 12/11の傍観車:

« 12/10の傍観車 | トップページ | 12/12の傍観車 »