« 12/1の傍観車 | トップページ | 気まぐれログ(トヨタ・ベルタの巻) »

2005年12月 2日 (金)

12/2の傍観車

 フェラーリの360モデナを見ました。

 紺色の外装にタン色のレザー内装の組み合わせは、この上なくシックでしたね。
 それにしても、このメーカーのスタイリングには「フェラーリ文法」のようなものがあり、歴代デザイナーにとってそれを守るのが不文律であるかのようなところがあります。
 確かに流麗で、スポーツカーの頂点といえるスタイルなのかもしれませんが、意地悪な見方をすれば十年一日の如くで斬新さに欠けるといえなくもありません。

 ・・・・であれば、他のライバルメーカーはあえて違う方向性のスタイリングで攻めた方が賢明ではと思うのですが、今後発売されるであろうジャパニーズスポーツカーを見ても、フェラーリチックなものの多いことといったら甚だしい限りです。

 もっともっと柔軟な思考でスポーツカーをデザインしてもいいんじゃないかと思う今日この頃です。

|

« 12/1の傍観車 | トップページ | 気まぐれログ(トヨタ・ベルタの巻) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/7280986

この記事へのトラックバック一覧です: 12/2の傍観車:

« 12/1の傍観車 | トップページ | 気まぐれログ(トヨタ・ベルタの巻) »