« 2/13の傍観車 | トップページ | 2/15の傍観車 »

2006年2月14日 (火)

2/14の傍観車

 クルマの楽しみって、最近つくづく奥深いもんだなぁと思うんです。

 マーチに乗り始めて早三年、国産車ライフにドップリ浸かっていますが、これはこれで結構楽しいもんですよ。

 以前、欧州(ゲルマン)車に乗っていたときは、クルマに対する要求が高レベルになり過ぎて、日本車のどれを試乗しても満足いきませんでした。
 ごく僅かなコストダウンやボディーの剛性不足にいちいち目くじらを立てたりして、生活の道具としてのクルマというよりも、完璧な工芸品を求めていたような気がします。
 まあ、それもクルマの楽しみ方のひとつでしょうが、それだけじゃないんだということを国産車にしばらく乗ることで改めて気付かされたのです。

 すなわち、高いクルマには高いなりの、安いクルマには安いなりの楽しみ方があるということですね。

|

« 2/13の傍観車 | トップページ | 2/15の傍観車 »

コメント

僕も、この前まで所有していた、P11プリメーラもあえて最上級グレードに、フルオプション、としていましたが、最近は、素のグレードにさりげなく乗っているほうがコストパフォーマンスも高くて、賢いかな、と思うようになりました。

例えば、プジョー206やミニの廉価版(勿論、MT)、ロードスターの標準車、マーチ12SRなど。

Primera

投稿: primera | 2006年2月14日 (火) 23時19分

まいど、primeraさん(^_^)/

最近はだいぶ変わってきましたが、まだ日本車のベースグレードにはどうしようもないものが多いですよね(^_^;)

投稿: ヨシキ | 2006年2月14日 (火) 23時50分

自分は自分自身のスマートにいつもと、父のカローラに時々
乗っています。

スマートって癖が強すぎて、スムーズに運転するのが
難しいです。
でも、その分積極的に運転する気になれます。
何より、乗ってて楽しいです。

カローラは誰が乗っても安楽にスムーズに運転できます。
便利で使い勝手が良く、道具としてうまくできています。
ただ…これって自分だけかもしれないんですが、運転するのが
苦痛になってくるんです。
めんどくさいと言うか、鬱陶しいと言うか。
ここまで安楽なら、運転なんてさせるなよ、という感じ。

でも以前うちにあった先代クラウンは、もっとそういう感じが
強かったです。すごく安楽で、運転するのが苦痛な車。
好みの問題ですが、自分はトヨタ車が肌に合わないみたいです。
日産なら、もう少しは面白いのかな?

投稿: 水色 | 2006年2月16日 (木) 00時06分

まいど、水色さん(^_^)/

日産じゃ、そんなに変わりませんが
スバルなら結構面白いと思いますよ(^^♪

投稿: ヨシキ | 2006年2月16日 (木) 01時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/8502286

この記事へのトラックバック一覧です: 2/14の傍観車:

« 2/13の傍観車 | トップページ | 2/15の傍観車 »