« 2/22の傍観車 | トップページ | 2/24の傍観車 »

2006年2月23日 (木)

2/23の傍観車

 今日も軽自動車の話。

 今年はダイハツが軽販売台数ナンバーワンの地位をスズキから奪うんではないかというようなことが言われています。
 いずれにせよ、この2社を中心にホンダ、三菱、スバルを加えた5社が切磋琢磨することで、世界にも類を見ない軽自動車という規格を発展させてきたことだけは間違いありませんね。

 そして、メーカーにおけるここ最近もっぱらの課題は「性能・使い勝手など、いかに小型車に近づけるか」ということに集約されているように思います。
 まあ、これには賛否両論あるでしょうが、私は軽規格・税などの優遇処置が現状のままでは、この流れも宿命のようなところがあるんじゃないかと考えます。
 また、そんな軽自動車の最新モデルは、「いびつな進化を遂げた」と見ることも出来ますが、一方で多くの庶民に歓迎されていることも事実ですから、まずは認めてあげたほうが良いと思うんですが、いかがでしょう?

|

« 2/22の傍観車 | トップページ | 2/24の傍観車 »

コメント

ワゴンR登場以来、プチミニバン型の
軽自動車がたくさん売られていますが
ワゴンR以来、軽はある種
究極の万能車だと思います。

4人ちゃんと乗れて、荷物も積めて
小さいからどこにでも入って行けて。
いびつかもしれませんが、これだけの
道具があの値段で売られるのは
すごいことだと思います。

投稿: 水色 | 2006年2月24日 (金) 00時09分

スペースユーティリティという面では、随分進歩したと思います。ただ、排気量の縛りがきつすぎて、リッタークラスより実用燃費が悪いというのは、日本全体のガソリン消費、という面からはいかがなものでしょうか。

Primera

投稿: primera | 2006年2月24日 (金) 00時34分

まいど、水色さん、primeraさん(^_^)/

どちらのおっしゃる事もまったくその通りだと思います。
まあ、私達消費者は、より良いものを選ぶという行為で、メーカーのより一層の努力を促せばいいんでしょうね。

投稿: ヨシキ | 2006年2月24日 (金) 06時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/8641070

この記事へのトラックバック一覧です: 2/23の傍観車:

« 2/22の傍観車 | トップページ | 2/24の傍観車 »