« 3/11の傍観車 | トップページ | 3/13の傍観車 »

2006年3月12日 (日)

3/12の傍観車

 先日試乗したホンダ・ゼストにはいろいろ考えさせられましたね。

 確かに良くできたクルマで、ホンダとしても渾身の作なのはよく分かるんですが、なんていったって、最上級グレードにオプションをフル装備すると車両価格は180万円前後になっちゃうんですから・・・・
 これは、コンパクトカーはおろかミドルクラスのセダンまで買える値段です。気まぐれログにも書きましたが、いくら軽自動車にもファーストカーとしての需要があるといっても、これはちょっと行き過ぎなように思うんですね。
 もうちょっと肩の力を抜きつつも、「一家に一台のクルマ」としての資格を持つような軽自動車って作れないもんでしょうか。

 というわけで、現状ではスズキ・MRワゴン&日産・モコが「マイ・ベスト軽」ということになりますかねぇ・・・・ 

|

« 3/11の傍観車 | トップページ | 3/13の傍観車 »

コメント

ヨシキさん、
シビックがかつてのアコード並に移行したように、軽の一部もそうなるのではないでしょうか。
お値頃感って根拠のない感覚で、180万の軽が当たり前になればそれが通りますからね。

投稿: savoy | 2006年3月12日 (日) 22時26分

まいど、savoyさん(^_^)/

なるほど、軽も二極化ということですか。
個人的にはどうもシックリ来ない感じがしないでもありませんが、性能が更に向上すれば納得いくのかもしれませんね。

投稿: ヨシキ | 2006年3月12日 (日) 22時57分

軽自動車はスペースに絶対的な制限が
あるのだから、目的をはっきり1つに絞って
割り切って作らないと、高くなってしまいます。

4人がちゃんと座れて、
 あまり荷物が積めない車か。
4人がソコソコ座れて、
 ソコソコ荷物が積める車か。
2人だけちゃんと座れて、
 でもめいっぱい荷物が積める車か。

どれも満たそうとすると、高くなって。
高くなると、誰も買わなくなって。
だからどこで割り切るかを決めるのが
大事なのだと思います。

投稿: 水色 | 2006年3月13日 (月) 22時53分

まいど、水色さん(^_^)/

おっしゃりたい事、よく分かります。
私も同じように思いますが、ホンダ・ゼストや三菱・アイがあの価格でヒットするかどうかで、今後の「軽自動車の割り切り」のレベルが変わるかもしれませんよね。

投稿: ヨシキ | 2006年3月14日 (火) 06時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/8909552

この記事へのトラックバック一覧です: 3/12の傍観車:

« 3/11の傍観車 | トップページ | 3/13の傍観車 »