« 3/1の傍観車 | トップページ | 3/3の傍観車 »

2006年3月 2日 (木)

3/2の傍観車

 新型エスティマの売れ行きが良いようです。

 元々人気車であったため、代替需要やモデルチェンジ効果などが複合的に絡んでのことでしょうが、初代から16年・・・・立派なことだと思います。

 でも、私にとって印象深いのは、なんといっても初代が採用していたフロアミッドシップ構造ですね。まあ冷静に見れば、以前から日本独自の形式として存在していたキャブオーバー型の発展形と言えなくも無い訳ですが、当時は将来の可能性を感じさせる未来的なシステムだと感じたものですよ。

 ところで、この形式、ハイブリッドにこそ合うんじゃないかと、今更ながらに残念に思ってしまうんですが・・・・

|

« 3/1の傍観車 | トップページ | 3/3の傍観車 »

コメント

ヨシキさん、こんばんは。

トヨタは新しい事を採用するのも、ばっさり切り捨てるのも、どちらも大胆ですね。

>フロアミッドシップ構造

トヨタ的には総合メリット無し!ズバってところでしょうか。
そういう点では、ハイドロにこだわるシトロエンなどとは、思考回路が違うのでしょう。

投稿: savoy | 2006年3月 2日 (木) 22時13分

まいど、savoyさん(^_^)/

>トヨタは新しい事を採用するのも、ばっさり切り捨てるのも、どちらも大胆ですね。

ホントにそうですね。
私の理想はPSAと提携関係にあるトヨタがハイドロを採用したクルマをリリースしてくれることなんですが、到底非現実的な話でしょうね(^_^;)

投稿: ヨシキ | 2006年3月 2日 (木) 22時30分

ヨシキさん、

プリウスにハイドロ+シートもシトロエン製に交換、だったら絶対買います。

投稿: savoy | 2006年3月 3日 (金) 23時01分

savoyさん、

そりゃいいですね!
あとエンブレムもダブルシェブロンにして・・・・
おっと、それじゃトヨタ車じゃなくなっちゃいますね(^^ゞ

投稿: ヨシキ | 2006年3月 3日 (金) 23時33分

エンジンに絶対の自信を持っているからこその床下ミッドシップ!
当時は、エスティマを作った人たちを尊敬してました。

今は…エスティマって他のミニバンとどこが違うの? って思ってしまいます。同じFFミニバンなら、ホンダのオデッセイやステップワゴンの方がキャラが立ってるなぁ、と思います。

あ。でも道具としてはエスティマの方が良いんでしょうね。クラウンより広くて安楽で静かで。

投稿: 水色 | 2006年3月 4日 (土) 00時35分

まいど、水色さん(^_^)/

私はオデッセイも大変好きなクルマですが、先日試乗したエスティマのV6 3.5リッター版も静かさとパワーで心惹かれましたよ!

投稿: ヨシキ | 2006年3月 4日 (土) 06時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/8754947

この記事へのトラックバック一覧です: 3/2の傍観車:

« 3/1の傍観車 | トップページ | 3/3の傍観車 »