« 3/7の傍観車 | トップページ | 3/9の傍観車 »

2006年3月 8日 (水)

3/8の傍観車

 ミニやビートルは復活したクルマですが、その一方、同じブランドネームのまま時代を超えて作り続けられるクルマもあります。

 私が真っ先に思い浮かべるのは何と言ってもポルシェ911ですね。そのシルエットは発売から40年を経た現在でも不変で、完全に「記号化」しています。
 ただ、中身(メカニズム)は時代にあわせてドラスティックな変化を遂げており、特にシンボルとも言われた空冷エンジンが水冷に変わったのをはじめ、その他の電子デバイスや安全装備なども今や最先端のものが付いています。

 それにしても見事なのは、このクルマが決してノスタルジックな「レトロカー」などではなく、今なお世界第一級のスポーツカーであり続けているということですよね。

|

« 3/7の傍観車 | トップページ | 3/9の傍観車 »

コメント

924とか、928が全く商業的に成功しなかった、というのも大きな授業料になっているのでしょうね。でも、RRで、良くあれだけのパワーを吸収していると思います。

Primera

投稿: primera | 2006年3月 9日 (木) 01時01分

まいど、primeraさん(^_^)/

私の友人が学生の頃、中古の924に乗っていたのを懐かしく思い出しましたよ。

投稿: ヨシキ | 2006年3月 9日 (木) 06時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/8839440

この記事へのトラックバック一覧です: 3/8の傍観車:

« 3/7の傍観車 | トップページ | 3/9の傍観車 »