« 4/11の傍観車 | トップページ | 4/13の傍観車 »

2006年4月12日 (水)

4/12の傍観車

 昨日の傍観車を書いていて気が付いたんですが、最近ウチのまわりから馴染みの輸入車ディーラー(取り扱いブランド)が次々と姿を消しているんですね。

 以前はウォーキングがてら試乗に行けた、近所のプジョー、ルノー、アウディ、オペル、サーブ、シトロエン等々のショールームは、代理店統廃合や日本法人設立などの流れでなくなってしまい、今やわざわざクルマで時間をかけて別のディーラーまで出掛けなくてはならないありさまです。

 ただでさえメンテナンスに不安がある輸入車を、自宅から離れた遠くの販売店で購入するというのは、一生活者としてはあまりにリスクが大きいと言わざるを得ません。ましてや、出先で何かあったときにすぐ持ち込める店舗がある確率はかなり低いですし・・・・

 そんなわけで、生活の道具としてクルマを考えるなら、日本車が一番となってしまうんですね。
 でも一方で、多くの庶民が自由に輸入車を楽しめる環境の実現を望みたい気持ちもあるんですよ。

|

« 4/11の傍観車 | トップページ | 4/13の傍観車 »

コメント

ヨシキさん、
先日「木を見る西洋人 森を見る東洋人」という本を読みました。物事の認識の仕方が違うという内容ですが、その中で米国に長期間住む東洋人は西洋化する。逆もまた起こる。とありました。
誰でも自由に輸入車を楽しめる時は、もしかしたら日本化しているかもしれないですね。

投稿: savoy | 2006年4月12日 (水) 22時16分

まいど、savoyさん(^_^)/

なるほど、ないものねだりということですかねぇ(^_^;)

そういう意味では、フランス化した現行マーチに乗ってるくらいが、ちょうど良いのかも知れません。

投稿: ヨシキ | 2006年4月12日 (水) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/9369501

この記事へのトラックバック一覧です: 4/12の傍観車:

» アウディS4 サンデーメカニックには難しい車 [etc 〜クルマな生活〜]
アウディS4の出張メカニックを依頼されたときのことです。簡単な依頼だったにも関わらず非常に苦戦したわけとは!? [続きを読む]

受信: 2006年5月 5日 (金) 14時10分

« 4/11の傍観車 | トップページ | 4/13の傍観車 »