« 5/9の傍観車 | トップページ | 5/11の傍観車 »

2006年5月10日 (水)

5/10の傍観車

 昨日の傍観車で書き足りなかったことをもう少し・・・・

 VWグループはDSGという独自のトランスミッションを開発したのですが、その採用はまだ一部の上級スポーツグレードに限られていますね。
 このシステムは、細かく説明すると複雑になってしまうので控えますが、単純に言えば、噛み合った二組のクラッチ・ギアシステムを同時に駆動(常に片方は空転スタンバイ)しながら、両者を渡り歩くかたちで変速することで、タイムロス・スリップロスをゼロにし、ATでありながらMTと同等かそれ以上のドライバビリティーと燃費性能を手に入れたというものです。

 私はこのDSG、「段付きシフト」としては究極の物と思っていたのですが、先日パサートに搭載されたアイシン製のトルコン式6速ATに乗ってみて、ちょっと迷ってしまいましたね。
 奇しくも両者、6速ATのシーケンシャルモード付きで、使い勝手は同等・・・・、そのフィーリングも甲乙付け難いものでした。
 ハードとしての作りはDSGの方が単純で、部品点数も少ないようなのですが、特許物件のため他社が採用出来る可能性は低く、普及・熟成は未知数です。
 その点、アイシン製ATは、熟成したフレックスロックアップなどの緻密な変速制御機構が光っていて、先のドライバビリティー・燃費性能も、劇的といっていいほど改善しています。

 こうなると、各社の戦略次第で、トルコン式AT、CVT、DSGの勢力地図は大きく書き換わることになるわけで、注目しないわけにはいきませんよね。

|

« 5/9の傍観車 | トップページ | 5/11の傍観車 »

コメント

DSG、是非乗ってみたいです。でも懐古主義としては、クラッチワークにも憧れがあるのですが。

Primera

投稿: primera | 2006年5月10日 (水) 23時00分

まいど、primeraさん(^_^)/

DSGは是非味わってみてくださいよ。
頭で考えていたのとは、まるで違うフィーリングでしたから・・・・

投稿: ヨシキ | 2006年5月11日 (木) 06時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/9810911

この記事へのトラックバック一覧です: 5/10の傍観車:

« 5/9の傍観車 | トップページ | 5/11の傍観車 »