« 5/19の傍観車 | トップページ | 5/21の傍観車 »

2006年5月20日 (土)

5/20の傍観車

 ちょっと前の話になりますが、アダム・オペルの日本撤退が発表されましたね。

 以前、一年間ではありますけれど、アストラワゴンに乗っていたことがあるので、なんだか寂しい思いがします。

 オペルはドイツで創業しながら、1920年代には早くもGMの傘下に入り、長いこと「欧州GM」的役割を果たしてきたメーカーです。
 したがって、VWやメルセデスなどとは違い、民族臭の薄い、コスモポリタンなクルマ作りが特徴でした。
 これが本国ドイツでは、ヨーロッパフォードと並んで歓迎され、確実なシェアを維持してきたわけですが、日本では、いわゆる「ドイツ車」の味が薄いということで、人気の方はいまひとつでしたね。
 まあ、輸入車なんですからしょうがないですよ。今回のGMの決断も仕方のないところでしょう。

 それにしても、実際、所有してみると、しみじみいいクルマなんですけれどねぇ、オペルって・・・・(*^_^*)

|

« 5/19の傍観車 | トップページ | 5/21の傍観車 »

コメント

自動車評論家の弁を借りれば、堅実なつくりでしっかりしているが、日本人が輸入車に抱く「華」といったものにかけている、ということなのですかね。

でも、一つ前のヴィータを近所でよく見かけましたが、とても好感が持てるデザインでした。

確かチーフデザイナーは日本人の方ではなかったでしたっけ。

Primera

投稿: primera | 2006年5月20日 (土) 08時06分

まいど、primeraさん(^_^)/

児玉英雄さんのことですね。
私も好きなスタイリストの一人です。

ところで、以前乗っていたアストラワゴンのエンジン、何の変哲も無いSOHCでしたが、低速トルクがあって燃費も良く、なかなかいいものでしたよ。アイシン製ATとのマッチングも良かったです。

投稿: ヨシキ | 2006年5月20日 (土) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/9980719

この記事へのトラックバック一覧です: 5/20の傍観車:

« 5/19の傍観車 | トップページ | 5/21の傍観車 »