« 5/27の傍観車 | トップページ | 5/29の傍観車 »

2006年5月28日 (日)

5/28の傍観車

 昨日、エアコンの話をしたので、今日もカーエレクトロニクスに関することを少し・・・・

 日本車のカーエレクトロニクスというと、快適装備に重点が置かれているようなところがありますが、欧米(特にヨーロッパ)ではちょっと事情が違うようです。

 ヨーロッパ車におけるカーエレクトロニクスとは、すなわち、電子式車両制御システムを意味すると言ってもいいほど、その目的は特化しています。
 独ボッシュ社が開発したABSが皮切りとなり、以来それはトラクションコントロール、ESP(横滑り防止を含めた総合車両制御システム)へと発展してきました。
 最近では、車格を問わず、日本に輸入されるクルマにはほぼすべて標準で装備されていますよね。

 それにしても、この姿勢には頭が下がります。快適性も勿論ありがたいのですが、本質的なユーザー利益ということを考えると、是非、日本車でもESPの全車標準化を実現してもらいたいところです。

|

« 5/27の傍観車 | トップページ | 5/29の傍観車 »

コメント

ヨシキさん、おはようございます。
オートエアコン嫌いのsavoyです。(笑)
何故かデジタル温度表示が嫌いなんです。
表示温度と体感温度が今ひとつ一致しないところが気になって。

>総合車両制御システム
こういうのの実態ってどうなんでしょうね?
ABSも確かにタイヤロック時の姿勢制御には優れていますが、止まらないんですよ(笑)
私はABS無しの方が好きです。

馬鹿とハサミというか、要は使いようと思いますが、
万能ではないですし、副作用も考えなくてはならないですね。
販売時には副作用は語られない点が問題ですね。

投稿: savoy | 2006年5月28日 (日) 09時18分

まいど、savoyさん(^_^)/

そういえば私も、エンジンの燃料噴射システムがキャブレターから電子制御になった時、ものすごい違和感をおぼえたことを思い出しましたよ。

前に乗ってたポロGTIも、MTとフライバイワイヤのアンマッチングに悩み続けていましたし・・・・

やっぱりお互い「アナログ世代」なんですかねぇ(^_^;)

投稿: ヨシキ | 2006年5月28日 (日) 09時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/10113372

この記事へのトラックバック一覧です: 5/28の傍観車:

« 5/27の傍観車 | トップページ | 5/29の傍観車 »