« 7/13の傍観車 | トップページ | 7/15の傍観車 »

2006年7月14日 (金)

7/14の傍観車

 かつて、クルマのスタイリングの流行は、「丸」と「角」が交互に来ていましたが、今はどちらともいえない状況ですよね。

 三菱アイとホンダゼストを見れば一目瞭然、同時期に登場したとは思えないテイストの違いです。
 確かにユーザー嗜好の多様性・分散化を反映して、いろんなスタイルのニューカーが選べるのは良い事かも知れませんが、後々から振り返ってみたとき、「あぁ、あの時代はこんなカタチのクルマが流行ってたんだなぁ・・・・」という感慨に耽ることが出来なくなるのは寂しい気もしますね。

|

« 7/13の傍観車 | トップページ | 7/15の傍観車 »

コメント

流行のデザインがない、ということはそれだけ商品としての訴求力が強いということかも知れませんね。「もっとマルいクルマがいい!」とか、「四角いデザインが好き」という市場調査した上なんでしょう。個人的には、シトロエンは時代を反映したクルマが多いなぁと思います。イタリア車なんかは過去にインパクトの強いクルマが多かっただけに懐古趣味が強過ぎる気がしますね。カッコ良けりゃイイんですけど。

投稿: 蛙石 | 2006年7月14日 (金) 16時32分

まいど、蛙石さん(^_^)/

クルマに限らずですが、最近の日本は高度成長期のように、挙って一つの方向に集中するということがなくなりましたよね。例えば、昭和40年代の「パンダ」とか「モナリザ」みたいな・・・・

あの「祭り」の熱気が懐かしい気もします(^^ゞ

投稿: ヨシキ | 2006年7月14日 (金) 20時59分

角、といえば、一昔前の日産のあまりセンスのよくない角ばやりの時代を思い出します。インパネまでかくかくしていましたね。

Primera

投稿: primera | 2006年7月15日 (土) 19時31分

まいど、primeraさん(^_^)/

いやぁ、今から思えば、あれも「時代」だったんですよ、きっと・・・・

投稿: ヨシキ | 2006年7月15日 (土) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/10743572

この記事へのトラックバック一覧です: 7/14の傍観車:

« 7/13の傍観車 | トップページ | 7/15の傍観車 »