« 7/15の傍観車 | トップページ | 7/17の傍観車 »

2006年7月16日 (日)

7/16の傍観車

 プジョー続きで、今日はクーペ407の話。

 永く続いたピニンファリーナとの関係に別れを告げ、自社デザインによるモデルをリリースするようになって久しいプジョーですが、このクーペ407はむしろ先代406クーペより「ピニン臭」を漂わせてますよね。
 全体のシルエットは勿論、フロントカウルのスリットやエグゾーストパイプまわりの処理なんかも、まさにフェラーリで、インテリアにもその傾向が見られます。

 確かに、とてもカッコいいクルマに仕上がっていることは認めますが、果たしてピニンはどう思っているのか気になりますねぇ・・・・

|

« 7/15の傍観車 | トップページ | 7/17の傍観車 »

コメント

何が気になるって・・・あの「エラ」部分。
実は穴が貫通してないみたいです。
見掛け倒しなんですね。

某GTOを思い出します。

投稿: 水色 | 2006年7月17日 (月) 00時33分

まいど、水色さん(^_^)/

>あの「エラ」部分。実は穴が貫通してないみたいです。
カッコいいことが第一条件の「クーペ」なんですから、それも許されるんじゃないでしょうか(^^ゞ

投稿: ヨシキ | 2006年7月17日 (月) 06時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/10771003

この記事へのトラックバック一覧です: 7/16の傍観車:

« 7/15の傍観車 | トップページ | 7/17の傍観車 »