« 7/5の傍観車 | トップページ | 7/7の傍観車 »

2006年7月 6日 (木)

7/6の傍観車

 最近、軽自動車でも15インチのタイヤを履くものが増えてきましたね。

 これは、操縦安定性で大きなアドバンテージをもつものの、引き換えに、小回りは効かなくなってしまいます。

 そもそも、最小回転半径の数値は、タイヤの径と切れ角、トレッド、ホイールベースで決まるもの・・・・、幅が狭い上にエンジンを前方に横積みする多くの軽自動車にとって、誠に厳しい条件なワケです。

 まあ、それでも、新しく登場したクルマで、最小回転半径が5.0m以上というものはないので、日本の軽メーカーは大したもんだと思いますよ。

|

« 7/5の傍観車 | トップページ | 7/7の傍観車 »

コメント

小回りがきく車は、街中でほんとに便利ですね。

ちなみに最小回転半径が一番小さいのは
スズキ・ツインですね。
http://kurumart.jp/ranking/back/rank112.html
FFなのに4メートルを切るんだから驚きです。

逆にマイバッハは取り回し難しそう・・・。
多分取り回さなくて良いんでしょうね。お金持ちは。

投稿: 水色 | 2006年7月 8日 (土) 00時21分

まいど、水色さん(^_^)/

私のマーチも小回りが効くと思ってましたが、ツインは3.6mですか!凄いですねぇ・・・・

でも、水色さんのスマートも4.1mと、健闘しているじゃありませんか(^^♪

投稿: ヨシキ | 2006年7月 8日 (土) 02時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/10668050

この記事へのトラックバック一覧です: 7/6の傍観車:

« 7/5の傍観車 | トップページ | 7/7の傍観車 »