« 9/28の傍観車 | トップページ | 9/30の傍観車 »

2006年9月29日 (金)

9/29の傍観車

 水素を燃料として走り、ITS(高度道路交通システム)でフル管理されるようになると、もはやクルマは「クルマ」という感じではなくなりそうですね。

 自分の意思で好きな時に好きな場所に行ける・・・・、そんな自由な空気を漂わせるクルマという乗り物がたまらなく好きだった私にとって、近い将来のクルマ社会は息苦しくてフラストレーションが溜まるようなものになりやしないかと心配でなりません。

 クルマに限らず日常生活全般においても、個人の自由が制限されることの多くなりつつある昨今、「気持ちの持ちよう」について考えておく必要がありそうですね。

|

« 9/28の傍観車 | トップページ | 9/30の傍観車 »

コメント

ヨシキさん、こんばんは。

昨日ゴルフに行ったのですが、帰りは全自動運転システムで、家までというのも良いですね。
実現は100年先くらいになりそうですが。

自分で運転するということは、特権階級の道楽になるかもしれませんね。

投稿: savoy | 2006年10月 1日 (日) 20時06分

まいど、savoyさん(^_^)/

なるほど、ゴルフの帰りには良いかもしれませんね。

ところで全自動運転システム、実現に100年かかりますかねぇ?案外20年くらいであっさり出来ちゃいそうな気もしますけれど・・・・

投稿: ヨシキ | 2006年10月 1日 (日) 20時43分

ヨシキさん、

> 実現に100年かかりますかねぇ

確かに(笑)

技術的にはもっと早いですね。
人間の運転との同時並行の運用がキーですね。
あと社会インフラにかかる費用。

投稿: savoy | 2006年10月 2日 (月) 22時45分

savoyさん、

プリウスやホンダが開発している自動駐車システムを見ていると、おぼろげながら将来のカタチが浮かび上がってくるようですよね。

投稿: ヨシキ | 2006年10月 2日 (月) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/11902780

この記事へのトラックバック一覧です: 9/29の傍観車:

« 9/28の傍観車 | トップページ | 9/30の傍観車 »