« 10/9の傍観車 | トップページ | 10/11の傍観車 »

2006年10月10日 (火)

10/10の傍観車

 クーペと似た形状でシューティングブレイクと呼ばれるクルマがかつて流行りました。

 英国を中心に狩猟を楽しむ貴族達が、コーチビルダーに依頼して、ジャガーやアストンマーチンなどのクーペを後部がワゴンのような形状に改造して使用していたもので、3ドアハッチバックともハッチバッククーペとも違う、独特で流麗なスタイリングは今見ても新鮮です。

 そういえば、去年東京モーターショーにアウディがこのスタイルのクルマを展示してちょっとした話題になりましたが、これなんかもクーペの延命策としては有効なんじゃないでしょうか。

|

« 10/9の傍観車 | トップページ | 10/11の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/12030185

この記事へのトラックバック一覧です: 10/10の傍観車:

« 10/9の傍観車 | トップページ | 10/11の傍観車 »