« 気まぐれ試乗ログ・nano(三菱eKワゴン・日産オッティの巻) | トップページ | 10/22の傍観車 »

2006年10月21日 (土)

10/21の傍観車

 秋の新車ラッシュですが、どうもエキサイティングで胸躍るようなモデルは無いようですね。

 それぞれ、燃費や環境性能、品質の向上は目覚しいものの、どれも「華が無い」というのはどういうわけでしょうか? それだけ工業製品・実用に徹した生活道具としての完成度は上がったともいえますが、クルマというのはそれだけではないということは周知のところです。

 スタイリスト達の並々ならぬ努力は重々承知の上であえて言わさせてもらえば、ある意味「デザイン不在」だと思うんですよね。いくら出来が良くてもエンターテイメント性の無いデザインは魅力がありません。カタチばかりに走ってギミックといわれるのは愚の骨頂ですが、今の日本のデザインには「基礎体力」は充分ついているんですから、もっと魅力的な製品を生み出すことは出来るはずです。

 特に、世界的レベルで見ても目下絶好調のトヨタ・レクサスのクルマ作りに関わるスタイリスト達・・・・是非、本領発揮してください!

|

« 気まぐれ試乗ログ・nano(三菱eKワゴン・日産オッティの巻) | トップページ | 10/22の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/12169145

この記事へのトラックバック一覧です: 10/21の傍観車:

« 気まぐれ試乗ログ・nano(三菱eKワゴン・日産オッティの巻) | トップページ | 10/22の傍観車 »