« 11/8の傍観車 | トップページ | 11/10の傍観車 »

2006年11月 9日 (木)

11/9の傍観車

 いろんなクルマを試乗していて最近気になるのが、AT・CVTのシフトレバーです。

 位置も形状もゲートもロックもそれこそ千差万別で、乗り換えのたびに戸惑ってしまいます。まあ、オーナーは毎日同じクルマですから慣れるんでしょうが、使い勝手の良し悪しは厳然と存在するように思います。

 結論から言えば、私の場合、インパネシフトのスタッカートゲート式(ロックなし)で、Dレンジから右に倒してシーケンシャルモード、前後でシフトアップ・シフトダウンというスタイルがベストだと勝手に確信しています。

 これは、トヨタやダイハツのクルマに多く見られるものですから、気になる方は試乗されてみてはいかがでしょう。

|

« 11/8の傍観車 | トップページ | 11/10の傍観車 »

コメント

でもシーケンシャルシフトのアップ・ダウンが
車によって前後違ったりして、それもまた困ります。

投稿: 水色 | 2006年11月10日 (金) 01時04分

まいど、水色さん(^_^)/

おっしゃる通りですね。
メルセデスの左右というのもあったりして、また頭が混乱します(^_^;)

投稿: ヨシキ | 2006年11月10日 (金) 06時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/12421318

この記事へのトラックバック一覧です: 11/9の傍観車:

« 11/8の傍観車 | トップページ | 11/10の傍観車 »