« 3/19の傍観車 | トップページ | 3/21の傍観車 »

2007年3月20日 (火)

3/20の傍観車

 ステーションワゴンの人気が下火のようです。

 ヨーロッパでは昔から、セダンよりもステイタスが高いなどといわれており、名だたるプレミアムメーカーが挙って魅力的なモデルをリリースしています。

 一方、日本では長らく商用バンのイメージがつきまとっていましたが、レガシーのヒットで一躍人気に火がついたのは記憶に新しいところでしょう。

 また、ラゲッジスペースから前はセダンと変わらないエレガントさを保つことが出来るというのも魅力で、私も何台かこの車型には乗りましたよ。

 でも、実用性に優れるミニバンの登場で様相は一変し、国産では、去年の暮れから今年にかけて、廃番になるステーションワゴンが目白押しという状態です。

 とりあえず、今後、この役目は5ドアハッチバックが継ぐことになりそうですが、あの独特なエレガントさを味わうことは出来なくなってしまいそうですね。

|

« 3/19の傍観車 | トップページ | 3/21の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/14111785

この記事へのトラックバック一覧です: 3/20の傍観車:

« 3/19の傍観車 | トップページ | 3/21の傍観車 »