« 3/21の傍観車 | トップページ | 3/23の傍観車 »

2007年3月22日 (木)

3/22の傍観車

 昨日のスバルもそうですが、私・・・・、どうもマイノリティーなモノが好きなようで、どうしてもそっちに目が行ってしまいます。やはり、天性の天邪鬼なんでしょうね。

 人と違うこと、風変わりなもの、でも愛すべき存在・・・・、常にそんなモノ・事・クルマを求め続けてきたような気がします。

 斯様な私にとって、フランスの文化というのはとてもシックリいくんですよね。個人主義の権化みたいな国で、クルマの性格にもそれは色濃く反映されています。

 シトロエンのハイドロニューマチックなんて、その最たる例じゃないでしょうか。

 ところが、それが今、絶滅の危機にあるようなんです。先日、C6を試乗した際にディーラーで聞いたんですが、ハイドロサスを採用するC5の受注が近々打ち切られ、生産を終了してしまうそうで、後継車へのハイドロ採用も微妙だとのこと・・・・ これは深刻な事態です!

 C6は、個人的には久々にシトロエンらしい会心の作だと思いますが、決して多くの人が乗れるクルマではありません。GS以降、BX、Xantia、C5と続いてきたハイドロサス搭載中型セダンの歴史に終止符が打たれることになってしまうのでしょうか?

 確かに生産管理が大変で、メーカーとしてもお荷物な技術なのかもしれませんが、マイノリティーゆえに認められてきた会社じゃないですか。何とかフランス人の意地を見せて欲しいものですよね。

|

« 3/21の傍観車 | トップページ | 3/23の傍観車 »

コメント

ヨシキさん、ご無沙汰です。

>C5の受注が近々打ち切られ

そろそろ次期C5がスクープされだしていますからね。
ハイドロを採用しない可能性有りですか....
では、毎度の販売中止特需がありそうですね。

私は、ハイドロを捨てるという選択はありだろうと思うのですが、
デザインだけのシトロエンには興味が失せるのですよね。
ハイドロ捨ててただの自動車メーカーではね...

投稿: savoy | 2007年3月25日 (日) 20時36分

まいど、savoyさん(^_^)/

C6の乗り心地については、いろいろ言われているようですが、試乗してみて、私は充分ハイドロの良さを現代に生かせていたと思いましたよ。

でも、あれがフラッグシップにしか残らないとなるとねぇ・・・・(:_;)

投稿: ヨシキ | 2007年3月25日 (日) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/14142054

この記事へのトラックバック一覧です: 3/22の傍観車:

« 3/21の傍観車 | トップページ | 3/23の傍観車 »