« 3/22の傍観車 | トップページ | 3/24の傍観車 »

2007年3月23日 (金)

3/23の傍観車

 シトロエンの話を書いていたら、ZXを見かけました。

 このクルマ、名前がXで終わるモデルとしては最後に発表されたクルマで、その後シトロエンはXM(発売自体はZXより先)やXantia、Xsaraなど、名前がXから始まる世代を経て、現行のCシリーズへと至るわけです。

 ところで、ZXって、実際に乗ってみれば違いは分かるものの、明らかにゴルフを意識して開発されたクルマでしたよね。

 思えばあの頃(1992年)は、日本の天邪鬼なシトロエニストにとって「暗黒の時代」の幕開けでした。国際化という流れの中で、メーカーとしての方向性を見失い、ドイツ車の模倣に明け暮れる始末・・・・。ハードとしての出来は良くなっていったものの、すっかりアバンギャルドなクルマという魅力を失ってしまいました。

 それ故に、ここ最近の「復古調」デザインを身に纏ったCシリーズ登場は嬉しい限りなのですが、今後は、上辺だけでない本当のスピリット復活を心から願う次第です。

|

« 3/22の傍観車 | トップページ | 3/24の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/14158960

この記事へのトラックバック一覧です: 3/23の傍観車:

« 3/22の傍観車 | トップページ | 3/24の傍観車 »