« 3/30の傍観車 | トップページ | 4/1の傍観車 »

2007年3月31日 (土)

3/31の傍観車

 久しぶりにランチア・イプシロンを見かけました。

 ボディーがクリーム色、ルーフがボルドーレッドのBカラーというモデルで、その伊達さはハンパじゃないですね。ちなみに、インテリアも当然のように、エクステリアと同色の2トーンカラーです。

 それにしても、このクルマを乗りこなすには、相当のファッションセンスと勇気が要りそうです。服のカラーコーディネイトも難しそうですし・・・・

 日本では限定発売されていたマーチ・コンランがこれに近い存在だと思うのですが、あのクルマも街中で見かけることは少ないですね。(特に外装がビターショコラの方)

|

« 3/30の傍観車 | トップページ | 4/1の傍観車 »

コメント

おしゃれなカラーを選択するのは、日本人的にはまだ勇気がいるのでしょうね。なにせシルバー全盛の時代ですから。個性的な色を積極的に選べるようになるのも、その国の自動車文化の進展度合いを表しているような気がします。

Primera

投稿: primera | 2007年3月31日 (土) 07時34分

まいど、primeraさん(^_^)/

クルマを複数台所有できるなら、一台はビビッドな赤とか青、黄色なんてのも良いかもしれませんが、人間を含めたカラーコーディネイトを一台のクルマで完成させようとすると、どうしても無彩色かそれに近い色になってしまうんですよね。

これも庶民の悲しさでしょうか?

投稿: ヨシキ | 2007年3月31日 (土) 08時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/14257871

この記事へのトラックバック一覧です: 3/31の傍観車:

« 3/30の傍観車 | トップページ | 4/1の傍観車 »