« 3/6の傍観車 | トップページ | 3/8の傍観車 »

2007年3月 7日 (水)

3/7の傍観車

 全高、全幅、全長のバランスがとれていると思う軽自動車・・・・

 先にも書いたエッセと、同じダイハツのソニカは、近年の中でもその最右翼じゃないでしょうかねぇ。

 どちらも、1,475mmの全幅に対し全高が1,470mmと、ほぼスクエアな前後シルエットを持ちながら、デザインを工夫することで、安定感のあるスタイリングを実現しています。

 もちろん、事の本質である室内(特に乗員スペース)もミニバンに劣らず、大人4人のために充分なものです。

 まあ、以前の国産車なら、普通車でも全高1,400mm以下が当たり前でしたから、それを思えばこれでも「トールボーイ」なわけで、下手なデザインだと、腰高で不安定なスタイリングの印象を与えてしまいかねません。それを全く感じさせないのは、ダイハツスタイリスト陣の実力に他ならず、お見事の一言に尽きますね。

|

« 3/6の傍観車 | トップページ | 3/8の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/13949884

この記事へのトラックバック一覧です: 3/7の傍観車:

« 3/6の傍観車 | トップページ | 3/8の傍観車 »