« 4/11の傍観車 | トップページ | 4/13の傍観車 »

2007年4月12日 (木)

4/12の傍観車

 先日、高速道路を走った際、我が愛車マーチのエンジンを久しぶりにレッドゾーンまで回してやりました。

 遠出そのものをしばらくしていなかったのと、街中ではエコランに徹してずっと2000rpm以下で使っていたため、完全にエンジンは鈍り切っていましたね。ATのギアを3速に落とし、アクセルを床まで踏みつけても、なかなか5000rpmまで回ってくれません。でも、何度かフル加速を試したり、高負荷を続けたりしているうちに、本来の性能が蘇ってきて、30分後くらいにはレッドゾーンの6500rpmプラスアルファーくらいまでキッチリ回るようになりましたよ。

 省エネや環境の事を考えたら、このような「全開走行」はいけないのでしょうが、クルマも人間と同じで「体が資本」・・・・、適度に鍛えてやらなければ、寿命も短くなってしまうというもんでしょう。

|

« 4/11の傍観車 | トップページ | 4/13の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/14406425

この記事へのトラックバック一覧です: 4/12の傍観車:

« 4/11の傍観車 | トップページ | 4/13の傍観車 »