« 4/1の傍観車 | トップページ | 4/3の傍観車 »

2007年4月 2日 (月)

4/2の傍観車

 プジョー207・・・・やはり、3ナンバーになっちゃいましたね。

 それはさておき、猫足と呼ばれ、定評のあったトレーリングアーム式リアサスペンションも、307に続いてトーションビーム式へと変更され、いよいよこのクラスのフランス車にも「ゴルフ化の波」が浸透してきたようです。(本家本元はマルチリンクになりましたが)

 傘下のシトロエンが、プジョーと共通のユニットを使いながら「独自の味」を出すことに成功しつつある中、PSAグループの中核であるこのメーカーが、これからどのように「伝統」というものを再演出していくのか、注目しないわけにはいきません。

|

« 4/1の傍観車 | トップページ | 4/3の傍観車 »

コメント

207は、顔つきも癒し系からいかつい系に変わりましたね。アウディのごついグリルといい、なんで人を威嚇するようなデザインがはやるのでしょうか?

Primera

投稿: primera | 2007年4月 5日 (木) 01時02分

まいど、primeraさん(^_^)/

全く同感です。
でも、そろそろ「ポスト厳つい系」がイタリアあたりから流行り始めているみたいですよ。

投稿: ヨシキ | 2007年4月 5日 (木) 01時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/14278019

この記事へのトラックバック一覧です: 4/2の傍観車:

« 4/1の傍観車 | トップページ | 4/3の傍観車 »