« 4/4の傍観車 | トップページ | 4/6の傍観車 »

2007年4月 5日 (木)

4/5の傍観車

 大きくても取り回しの良いクルマといえば、何といっても先日試乗したシトロエンC6でしょう。

 実際の最小回転半径などは、かなり大きいんでしょうが(公表されていません)、シトロエン独特の極端にクイックなステアリングギアレシオと、同クラスのFR車に比べ、ドライバーから前車軸までの距離が短いというFFの特性により、小回りが利くように感じさせているのです。さらには、このC6、前後左右の見切りも極めて良いため、あんなにフロントオーバーハングが長くても、自信を持って狭い路地に入っていけます。

 まあ、こればかりは試乗されてみるしかないんですが、車両感覚の鈍さを自負する私が言うのですから、相当運転しやすいクルマであることは間違いありませんよ(^^♪

P.S.
 詳しくは田中芳樹のホームページ・気まぐれコラム(第121回)をご覧下さい。

|

« 4/4の傍観車 | トップページ | 4/6の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/14311178

この記事へのトラックバック一覧です: 4/5の傍観車:

« 4/4の傍観車 | トップページ | 4/6の傍観車 »