« 6/19の傍観車 | トップページ | 6/21の傍観車 »

2007年6月20日 (水)

6/20の傍観車

 最近発売されるクルマにはMTを選べないものが多くなりました。

 まあ、それだけATの性能が上がり、普通の運転では必要性がなくなったということなのかもしれません。トルコンATでも、フレックスロックアップ(アイシン)の技術が導入されてから、スリップロスは格段に減少しましたし、CVTでは発進・停止時以外は基本的にノンスリップです。そこにきて、VWのDSGでしょう・・・・これはもう真打登場といった感じですよね。

 ところが、「それでもオレは絶対MTだ」という人が結構いたりして・・・・世の中面白いものだと思います。

|

« 6/19の傍観車 | トップページ | 6/21の傍観車 »

コメント

ヨーロッパではロボットMTも発達してますねー。
スリップロスがないから、燃費もいいし
人間がクラッチ板を操作するより、クラッチの
寿命も延びるし。
最近は違和感の少ない変速ができるように
なったようで、面白いですね。

投稿: 水色 | 2007年6月20日 (水) 23時41分

まいど、水色さん(^_^)/

「ロボットMT」・・・・懐かしい言い方ですネ。
私はついつい、いすゞのNAVI-5を思い出してしまいます(^^ゞ

投稿: ヨシキ | 2007年6月21日 (木) 06時31分

もうね。
「中の人」がよっこいしょ! っていうくらい
変速がヘタなのが普通なんですよ。
最近のはかなり上手くなってきてるんですが
中のロボットさん、人間臭いです。

投稿: 水色 | 2007年6月23日 (土) 00時18分

いやぁ、面白い喩えですねぇ。
でも「人間臭いロボット」って一体・・・・?

・・・・私は好きですが(^^ゞ

投稿: ヨシキ | 2007年6月23日 (土) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/15285112

この記事へのトラックバック一覧です: 6/20の傍観車:

« 6/19の傍観車 | トップページ | 6/21の傍観車 »