« 9/5の傍観車 | トップページ | 9/7の傍観車 »

2007年9月 6日 (木)

9/6の傍観車

 5ナンバーフルサイズセダン、日本人の勝手な見方によるネーミングですが、私の記憶に一番残っているクルマは、やはりクラウンですよね。

 かつての日本では、クラウン&セドリックを頂点とするクルマ社会の階級ピラミッドが厳然と存在し、ホントにみんなが「いつかはクラウン」と思っていたものです。もちろん、高級輸入車やセンチュリー、プレジデントなどはあったものの、それは端から個人オーナーのものではありませんでしたし・・・・

 これはクルマに限ったことではありませんが、昔(昭和)の日本社会は、目指すものがそれぞれの分野にハッキリと分かりやすく存在していて、頑張ればいつかは辿り着けるという確信みたいなものがみんなの中にあったからこそ、あんなに活気があったんじゃないでしょうか。

|

« 9/5の傍観車 | トップページ | 9/7の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/16163717

この記事へのトラックバック一覧です: 9/6の傍観車:

« 9/5の傍観車 | トップページ | 9/7の傍観車 »