« 2/16の傍観車 | トップページ | 2/18の傍観車 »

2008年2月17日 (日)

2/17の傍観車

 取り回しがいいと感じるクルマ・・・・ステアリングの切れ具合もそうですが、やはり大きいのは、運転しながらボディー形状を把握しやすいということではないでしょうか。

 それは心理的圧迫を取り除き、安心感・運転への自信に繋がりますからね。これは私の体験では、単純にボディーの四隅が確認しやすいボクシーな形状のクルマが有利だと思います。

 でも最近、ワンモーションフォルムの台頭で、運転席からボンネットの先が見えないスラントノーズのクルマが増えたのが辛いところですよね。

|

« 2/16の傍観車 | トップページ | 2/18の傍観車 »

コメント

あの偉そうなメルセデスマーク、初めてCクラスに
乗ってみて(代車ですが)その効果が理解できました。
ものすごく運転が楽になりますね。

スマートみたいな、最初から鼻がない車は別として
ボンネット付きの車には標準装備にならないかな~?

投稿: 水色 | 2008年2月18日 (月) 00時10分

まいど、水色さん(^_^)/

確かにあれは便利ですよね。
でも、スラントノーズのクルマで効果を得ようとすると、「天狗の鼻」みたいになっちゃいますから、何か別のアイデアが期待されます。

投稿: ヨシキ | 2008年2月18日 (月) 06時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/17870000

この記事へのトラックバック一覧です: 2/17の傍観車:

« 2/16の傍観車 | トップページ | 2/18の傍観車 »