« 2/21の傍観車 | トップページ | 2/23の傍観車 »

2008年2月22日 (金)

2/22の傍観車

 電装部品には定評のある日本車ですが、自分のクルマがいざ壊れてみると、今後、記事で誉めることを躊躇してしまいますね。

 家電などでもアタリ・ハズレがあるとよくいいますが、クルマの場合、修理費用が多額になるため、なんらかの救済手段があって然るべきなのではないでしょうか。

 確かに、保証期間は1年から3年へ、主要保安部品は5年へと長期化する傾向にはありますが、どういうわけか、その後に壊れるケースが多いですものね。(^_^;)

|

« 2/21の傍観車 | トップページ | 2/23の傍観車 »

コメント

普通の人はそこまで車を愛してないから
壊れてしまえばそれでダメな車ってことになるのでしょう。

でも。
昔は日本車だってしょっちゅう壊れたはずなのに
慣れっていうのは恐ろしいものです。

投稿: 水色 | 2008年2月26日 (火) 00時20分

まいど、水色さん(^_^)/

おっしゃる通りですね。

でも最近は、一台のクルマを5年6年と乗る人も多いんじゃないでしょうか。

投稿: ヨシキ | 2008年2月26日 (火) 06時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/17919159

この記事へのトラックバック一覧です: 2/22の傍観車:

« 2/21の傍観車 | トップページ | 2/23の傍観車 »