« 3/10の傍観車 | トップページ | 3/12の傍観車 »

2008年3月11日 (火)

3/11の傍観車

 紺色のフィアット・グランデプントを見かけました。

去年の東京モーターショーに不参加だったりと、日本のマーケットには見切りをつけ、他のアジア諸国やロシアを主眼に入れ始めた感があるフィアットですが、作っているクルマは相変わらず魅力的ですね。

 個人的にはコンパクトなサイズの新型チンクエチェント(3550×1650×1490mm)が気になるものの、グランデプントも全幅は1685mmで5ナンバー枠内と、実は日本のインフラにピッタリなクルマなんです。これは他の欧州メーカーが、どんどんサイズ拡大に走る中、貴重な存在といえるでしょう。

 一見平凡に見えるスタイリングながら、よくよく観察すると、実に高度でカッコいいデザインがいたるところに施されているというのも、いかにもイタリアといった感じでシビれますね(^^♪

|

« 3/10の傍観車 | トップページ | 3/12の傍観車 »

コメント

おはようございます。

> 日本のマーケットには見切りをつけ

シトロエンも撤退しましたね。
ルノーも売れているのはKangooだけで、そのKangooもモデルチェンジします。
この傾向は様々な分野で加速しそうです。

投稿: savoy | 2008年3月15日 (土) 06時44分

まいど、savoyさん(^_^)/

えっ、シトロエン撤退は知りませんでした。
ディーラーhpを見ても今後のことは書いてありませんが、どうなるんでしょう?

投稿: ヨシキ | 2008年3月15日 (土) 09時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/40170656

この記事へのトラックバック一覧です: 3/11の傍観車:

« 3/10の傍観車 | トップページ | 3/12の傍観車 »