« 2/29の傍観車 | トップページ | 3/2の傍観車 »

2008年3月 1日 (土)

3/1の傍観車

 何度も書いていますが、生活者視点で考えると、かつて「大衆車」と言われた枠は完全にコンパクトカーへと移行した感があります。

 今やフィット、ヴィッツ、デミオなどは小型車枠いっぱいの全幅ですし、排気量も1.3~1.5リッターが中心となると、普通のユーザーが普通に日本国内で使うには充分以上のパフォーマンスを得たといってもいいでしょう。

 また世の中全体、フォーマルよりカジュアル志向が浸透し、何が何でも3ボックスセダンじゃなきゃいけないということもなくなったため、より使い勝手と効率の良いハッチバックスタイルが支持されるというのも当然の結果ですよね。

|

« 2/29の傍観車 | トップページ | 3/2の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/40065754

この記事へのトラックバック一覧です: 3/1の傍観車:

« 2/29の傍観車 | トップページ | 3/2の傍観車 »