« 3/26の傍観車 | トップページ | 3/28の傍観車 »

2008年3月27日 (木)

3/27の傍観車

 花粉も黄砂も黄色ですから、この時季、黄色いクルマに乗っていれば汚れが目立たなくていいですネ。

 でも、イエローは塗料の中で最も高価といわれ、欧州車などではエクストラチャージを取られる例も多いようです。また、どうしても耐光性に劣るため、何年も野ざらしにしていると色が褪せて白っぽくなってしまいます。

 ちなみに、イタリア車の燃えるような赤い塗色が、数年後に紫っぽく変色したりしているのは、赤の中に含まれる黄色の成分が抜けてしまうからなんですよね。これは野外ポスターなどの印刷物にもいえることで、現在の技術では防ぎようがないのかもしれません。

 それでも、気持ちを明るくさせてくれる魅力的な色、それがイエローです。

|

« 3/26の傍観車 | トップページ | 3/28の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/40396681

この記事へのトラックバック一覧です: 3/27の傍観車:

« 3/26の傍観車 | トップページ | 3/28の傍観車 »