« 4/30の傍観車 | トップページ | 5/2の傍観車 »

2008年5月 1日 (木)

5/1の傍観車

 高度成長といえば、今の中国やインド、ロシアなどがその真っ只中にあるといえるんじゃないでしょうか。

 以前は徒歩や自転車、バイクが中心だった個人の移動手段も、あっという間に自家用車が普及し、それが原油価格高騰の一端を担っているということが伝えられています。

 ただ、40年前の日本と違うことは、全世界的に環境問題が叫ばれ、クルマも野放図にパワー追求・拡大路線を歩むことは決して許されない状況にあるということです。

 一部のニューリッチなどと呼ばれる新興富裕層が、桁外れに豪華な雲上ブランドのクルマを買い漁る気持ちも分からないではありませんが、「生活者」の立場としては、インドに登場した新世代国民車、タタ・ナノなどをより支持したくなるんですよね。

|

« 4/30の傍観車 | トップページ | 5/2の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/40824359

この記事へのトラックバック一覧です: 5/1の傍観車:

« 4/30の傍観車 | トップページ | 5/2の傍観車 »