« 5/2の傍観車 | トップページ | 5/4の傍観車 »

2008年5月 3日 (土)

5/3の傍観車

 販売力のスズキ、実力のダイハツと、軽の二大勢力は衰えることを知らないかのようです。

 そんな中で、トヨタ傘下となったスバルは先月、伝統の軽自動車生産開発から撤退し、以後、同傘下のダイハツからOEM提供される軽自動車を販売することを表明しました。

 思えばマイカー黎明期に文字通り「国民車」として登場し、多大な支持を得たスバル360(テントウムシ)は、今の目で見ても傑作車で、ホントに名残惜しいですよね。

 360ccながら、3ボックスセダンスタイルに4気筒エンジンという軽のプレミアムカー、キャロルを作ったマツダもとうに撤退し、軽自動車生産メーカーは先の二社と三菱、ホンダの計四社になってしまいました。

 それでも私は「ニッポンの軽」を心から応援し続けますよ!

|

« 5/2の傍観車 | トップページ | 5/4の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/40848389

この記事へのトラックバック一覧です: 5/3の傍観車:

« 5/2の傍観車 | トップページ | 5/4の傍観車 »