« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月30日 (月)

6/30の傍観車

 輸入車不振の要因は原油価格高騰ばかりではありません。

 傍観車では何度も書いているように、止まるところを知らないサイズの拡大は、この狭い島国にとって辛いものがあります。

 特に日本では人気があったBMWとアウディ・・・・私は、このところのデカイ新車を見る度に落胆交じりのため息をついてしまうんですが・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月29日 (日)

6/29の傍観車

 石油高騰のあおりで、輸入車の販売台数がだいぶ落ち込んでいるようですね。

 燃費そのものが日本車に比べて悪いと言うことは無いはずですが(特に欧州車は)、やはり大半の車種がハイオク指定というのが痛いですよね。

 私も以前は輸入車を乗り継いでいましたが、その頃ハイオクは100円以下でしたから・・・・

 そうなると、以前から傍観車で話題にしている新世代ディーゼルに期待が掛かるんですが、悲しいかな、これも日本では一向に普及する兆しが見えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

6/28の傍観車

 週末しかクルマに乗らないと、我が愛車は5日間カーポートで野晒しとなり、結構ひどい状態になります。

 まず、ビックリしたのが日に当たるドライバー側前後ドアのゴムパッキングが貼り付いてしまって、開けるのに一苦労することです。さらには、リモコンロックを解除する時の「ピピッ」という確認音が何となく元気なく鈍かったり、エンジンの掛かりも頼りない感じだったりするんですね。

 頻繁に動かしてないとバッテリーなどには良くないということは重々承知してるんですが、こればかりはどうしようもありません。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月27日 (金)

6/27の傍観車

 ここのところ、すっかり私はサンデー(正確には土日)ドライバーに成り下がってしまいました。

 以前は一日おきにでもクルマを動かしてやって、傷みと経年劣化を防ごうと努力していたのに・・・・

 今はバス通勤の身で、雨の日のダイヤの乱れや道の渋滞に一喜一憂してますよ。生活者も楽じゃありませんよね。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月26日 (木)

6/26の傍観車

 夏場に暑くなるのは黒いクルマだけではありません。たとえ外板が白でもインテリアが黒であれば同じことです。

 幸い我が愛車マーチは明るいインテリアカラーなので、シートが熱々になって座れないというようなことはないのですが、以前乗っていたポロGTiはひどかったですね。

 炎天下で駐車していたら、ステアリングもシートもシフトノブも鉄板焼きの表面みたいに熱くなってしまい、うっかり触ってしまったら火傷は確実でした。

 まあ、白いタオルでも掛けておけば多少は和らぐんですが、辛いことに変わりはありませんでしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

6/25の傍観車

 夏本番に向かって気温がどんどん高くなると、黒いクルマはプライベートサウナと化します。

 普通に歩いていると気持ちいいくらいの天気でも、屋外に一時間ほど停めていた我が愛車のドアを開けた途端、メガネがブァッと曇り、熱気が襲い掛かってくるから堪りません。

 私は週末の買い物に行くとき、いつもクーラーボックスをラゲッジルームに積んでいくんですが、この時季の夕方、家に戻ってくるとアイスバッグが完全に溶けている事もしばしばですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

6/24の傍観車

 トヨタのFJクルーザー・・・・街中でたてつづけに3台も見かけてしまいました。

 アメリカで販売されているこのクルマは、いってみればニュービートル、ミニ、チンクエチェントなどと同じような「リバイバルカー」といえるんじゃないでしょうか。

 正面はランクル40を彷彿させるクラシカルなものですが、側面は観音開きの前後ドアを備えるアヴァンギャルドなデザイン、リアもシンプルながらモダンにまとめられており、全体として見たときのバランスが実に優れているんですね。

 確かに、並行で逆輸入してでも乗りたいというオーナーの気持ちが良く分かりますよ。(^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

6/23の傍観車

 最近の日本車がつまらないと昨日書きましたが、その筆頭が日産なんじゃないでしょうか。

 マーチ、キューブと続いたときには、ホントに日産の時代が来た!と思ったものですが、プレサージュあたりで雲行きが怪しくなり、今では見る影もありません。

 ただし、これはスタイリング・デザインに限った話で、技術面では、まだまだ他社に負けていないはずです。

 まあ、「日産の10年周期」といいますから、次期マーチが出る?2012年には、再び目を見張るようなデザインのクルマが生まれてくるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

6/22の傍観車

 最近、どうもパッとした新車が出てこないと思いませんか。

 特に、日本車のスタイリングに停滞感が否めないような気がします。

 設計やレンダリングにコンピューターを用いるようになって、似たようなクルマが増えたといわれて久しいですが、打開策は無いんでしょうか?

 「彫刻の国」イタリアでは、クレイモデル中心のデザイン作業が完全復活しているといいますし、日本だって陶芸や木工など工芸の歴史は深いんですから、何とかなると思うんですが・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

6/21の傍観車

 バスに乗っていて思うのは、座席間の狭さとシートベルトが無いことの不安です。

 道交法の改正で、高速を走るバスなどはシートベルトが義務化されるようですが、路線バスはどうなるんでしょうね?

 私は身長172cmのごく平均的な体格ですが、それでも膝が前席に干渉してしまいます。もし、追突事故などが起こったらと思うと怖くなりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

6/20の傍観車

 最近、バスに乗る機会が増えたんですが、あのノンステップバスというやつは面白いですねぇ。

 停車すると、乗降口のある左側だけがスウッと下がって段差を少なくし、ドアが閉じるのと連動して元の姿勢に戻すという仕掛け・・・・エアサスの応用なんでしょうが、実に器用な動きだと思います。

 私などは、つい昔乗っていたBXを思い出してしまいましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

6/19の傍観車

 クルマに癒しを求めているのは私だけではないでしょう。

 最近なにかとギスギスすることの多い日常、プライベートになれる唯一といってもいい空間がクルマですから、少しでもリラックスできる方がいいですよね。

 エクステリアは流行だから仕方ないとしても、常にドライバーが接するインパネまわりやインテリアは、むやみにスポーティーで攻撃的なものより、穏やかで優しいタッチであって欲しいと思うんですが・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

6/18の傍観車

 マーチ、チンクエチェント、ニュービートル、ミニ・・・・これらのクルマに共通するのは、ライトが丸目だということです。

 もし、これが、プジョーみたいな吊り目だったらどうでしょう?言わずもがなですよね。

 見ているだけで心が和み、所有して愛着が湧く・・・・そんなクルマが、生活者としての私の理想です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

6/17の傍観車

 なんだか最近はチンクエチェントのことばかり書いているようですが、よく見るとあのクルマ、わが愛車マーチに似ているような気がします。

 彼の地イタリアでは今、スズキ・スイフトが大人気だと聞いていますが、それ以前はマイクラがデザイナーなどの玄人筋には評判となっていたんですよね。特にランチア・イプシロンはマーチが存在しなかったら決して生まれなかったクルマといえるでしょう。

 まあ、そのマーチ(マイクラ)のデザインだって、オリジナルのチンクエチェントやビートル、ミニなどの影響を受けているわけですが・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

6/16の傍観車

 ウチの近所では、もうすっかり当たり前のように見かけるようになった日産GT-R・・・・

 日産の技術力と熱い思いは伝わるし、このようなクルマの存在を否定するつもりは全くありませんが、やはり、時代の波に合っているとは言い難い感じですよね。

 たまたま、そのGT-Rの後ろを走っていた白いチンクエチェントが、これとは対照的に何とも輝かしく見えたのが印象的でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

6/15の傍観車

 ある程度の悪路も走破できるAWDのクロスオーバー・・・・これ一台ですべてまかなえるという意味では理想的なクルマですよね。

 でも、世界的にダウンサイジングが叫ばれる中、重量もかさむため、ホントにこれからの主流になり得るのか、チョッと疑問も感じます。

 個人的には昨日採り上げたラッシュ・ビーゴでも大きいような気がしますし、エコロジーとオールマイティーな使い勝手を重視するなら、全高もいたずらに高くないほうがいい・・・・

 やはり、軽のハイブリットとかで出来るといいですよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

6/14の傍観車

 クロームイエローのラッシュを見かけました。

 すっかり地味な存在となってしまったモデルですが、カラーでイメージがこうも変わるかというほどポップでオシャレに感じたのが意外でしたね。

 でも、思い返せばこのクルマ、トヨタが大きくなってしまったRAV-4の穴を埋めるため、ダイハツに開発させた小型枠のSUVで、しかもエンジン縦置きのFRベースAWDという本格派なんですよ。

 もうチョッと各部を煮詰めれば、小さなクロスオーバーとして、これから大化けする可能性だってあるんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月13日 (金)

6/13の傍観車

 ビートル、ミニ、チンクエチェントと、国民車といわれたクルマのリバイバルブームですが、日本でも出来ないもんですかねぇ・・・・

 私の第一候補はスバル360でしたが、こちらは残念ながら、先日、軽自動車から撤退してしまったので無理でしょう。そうなると途端に候補がなくなってしまいます。初代クラウンやコロナ、パプリカ、カローラ、サニーなどは、車格やキャラクターからしてチョッと違う気がしますし・・・・

 そこで時代は新しくなりますが、ホンダの初代シティなんてのはどうでしょう?
 あの独特なMM思想に基づいたトールボーイスタイル、同心円状にレイアウトされた速度計と回転計、専用に設計されたラゲッジルームに収まるモトコンポと呼ばれるバイクなどなど・・・・

 スタイリングなんか、あのまま復刻してもらってもOKだと思うんですが。(^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

6/12の傍観車

 軽自動車やコンパクトカーはシニアドライバーにも人気ですね。

 ミニやチンクエチェントなんかに、白髪の紳士が明るくカジュアルな服装で乗っていたりすると、思わず「イイなぁ~」と見とれてしまいますよ。

 これはポルシェやフェラーリに乗るのと同じくらいオシャレな行為だと思うんですが、どうでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

6/11の傍観車

 高齢化社会で、ステアリングを握るシニア層の問題がクローズアップされていますよね。免許の自主返納制度も話題になっています。

 そう言ってる私だって、あと30年もすれば後期高齢者の仲間入りですから他人事じゃありません。もともと運動神経はお世辞にも良いとはいえないし・・・・

 まあ少しでも長く、クルマの楽しみが享受出来る社会と自分自身が続くことを願うばかりですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月10日 (火)

6/10の傍観車

 ニッポンもこれからは人口減少の時代になるそうです。

 既に自家用乗用車の登録台数は減り始めていますから、20年後30年後のクルマ社会、インフラは今とは相当変わったものになっているんではないでしょうか。

 クルマで行くことを前提として開発された郊外型の大型ショッピングモールは衰退し、歩いて行ける地域密着型の小売店が復活するかもしれません。

 それに伴い、公共交通機関(電車・バスなど)が網の目のように張り巡らされ、たいていの用事やレジャーはまかなえるようになり、個人的に大きな買い物をしたときはカーシェアリングを利用する・・・・

 でも一番の問題は、人口の高齢化で、アクティブな生活スタイルが失われる可能性があることかもしれませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

6/9の傍観車

 ニッポンのクルマ離れはホントに進んでいますよね。

 とうとう、20代の若者のマイカー保有率が13パーセント代になったといいますから、もはや「クルマ好き」の方が圧倒的に少数派ということになります。

 確かにケータイの月額使用料が1万円などと聞くと分かる気がします。両方所有するのはキツいですものね。

 それにしても、クルマのライバルがケータイとは・・・・考え込んでしまいますよ(-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

6/8の傍観車

 もし、レクサスがホントに軽自動車を発売したらどんなことになるでしょうね。

 ベース価格は200万円、フルオプション装備で300万円位なら案外ヒットするかもしれませんよ。勿論、ミニやチンクエチェント以上のプレミアム感を備えていることが条件ですが・・・・

 あっ、それから、ハイブリットというのもアリですね(^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

6/7の傍観車

 小さくてもドアが4枚あるクルマを求めるならば、やっぱり日本の軽自動車ということになりますよね。

 でも、チンクエチェントみたいにオシャレでプレミアム感を漂わせるモデルは少ないでしょう。現時点であえて挙げるとすれば、ダイハツ・ソニカ、スズキ・セルボ、スバル・R1(これは2ドア)あたりですが、正直物足りない感じは否めません。

 私は密かに、トヨタがソニカベースでiQの流れを汲むようなデザインコンセプトを持つ「レクサスの軽」を作ることを期待しているんですが・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

6/6の傍観車

 新型チンクエチェントは小振りなところが良いですよね。

 余裕で日本の小型車枠に収まるのは勿論、なんと、我が愛車マーチより小さいんですから、本気で欲しいなと思ってしまいます。

 ただ、ミニやイプシロンにしてもそうですが、2ドアボディーしかないというのは私にとって大きなネックで、悩ましい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

6/5の傍観車

 ウチの近所で新型チンクエチェントを見ました。(^^♪

 納車したてらしく、住宅街の路地をグルグルと「慣らし」運転していたおかげで、何度も遭遇することが出来、細かいところまで観察してしまいましたよ。

 色が地味な紺色だったせいもあり、決して目立つクルマという印象は持ちませんでしたが、要所要所にメッキモールが施されており、小柄なわりにプレミアム感はありました。

 ただ、低速域のストップ&ゴーで、ボディーがピョコピョコと跳ねていたのがチョッと気になりましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

6/4の傍観車

 今も生産されている軽のライトウェイトスポーツ(オープンカー)といえば、ダイハツのコペンですよね。

 ウチの近所でも数台見かけますが、皆大切に立派なガレージで保存されています。しかも、趣味性が高い車種にもかかわらず、ファーストカーとして所有されている方が多いようで、私なんかは、大きな買い物をした時どうするんだろうなどと勝手に心配してしまいます。

 まあ洋服でもそうですが、「ファッション」とはそういうものなのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

6/3の傍観車

 ウォーキングの道すがら、久し振りにホンダ・ビートを見かけました。

 目にも鮮やかな真っ黄色のボディーは新車同然。オーナーの愛着ぶりがうかがわれます。

 それもその筈で、軽にしてエンジンをミッドシップに積むオープンカーなんて、後にも先にもこの一台だけですもんね。そういえばエンジンそのものも、ノンターボで64ps/8,100rpm、最大トルク6.1kgm/7,000rpmというバイク並のスペックでしたよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

6/2の傍観車

 黒いクルマのスリ傷や引っ掻き傷・・・・どうにかならないものでしょうか?

 私のマーチはもう5年目ですから、ある程度は仕方ないと諦めていますが、間違いなく白やシルバーに比べて塗面は弱いですよね。

 特に日が当たっているなど、表面が熱い状態でタオル拭きでもしようものなら、紙やすりを掛けているも同然です。

 白並みに強いブラック塗装が開発されれば、喜ぶユーザーは絶対多いと思うんですけどねぇ・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

6/1の傍観車

 今日から6月、鬱陶しい梅雨の季節ですね。

 昨日洗車のことを書きましたが、この時季はせっかく愛車を洗ってやっても、すぐに雨降りでドロだらけなんてこともありがちです。

 かといって、汚れたまま乗りっぱなしていると、気が付かなかったところに思わぬキズがついていたりして・・・・厄介なことですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »