« 11/26の傍観車 | トップページ | 11/28の傍観車 »

2008年11月27日 (木)

11/27の傍観車

 軽自動車業界は、昨日も書いたようにスズキの巻き返しが話題になっています。

 私は、それもこれも、ダイハツがエッセから採用し始めた現行プラットフォームの影響だと思うんですね。特にホイールベースと室内幅に関しては、とうとうスズキの新プラットフォームでも追いつくことが出来ませんでした。

 このことは、寸法がミニマムな上、法律で規定されている軽自動車にとって大きな問題です。実際、同カテゴリーのクルマ(たとえば、タントとパレット)に乗ってみると、その差は歴然ですからね。

 ただ、スズキもこれには危機を感じたのか、足回りの性能や電動パワステのフィーリングなど、いわゆる操縦安定性と、内外装のクオリティーを大幅にレベルアップしてきたのです。その結果、ワゴンRなどは、クルマとしてのトータル性能でダイハツを凌ぐ出来のモデルとなりましたものね。

 競争も悪いことばかりじゃありません。

|

« 11/26の傍観車 | トップページ | 11/28の傍観車 »

コメント

スズキとダイハツ永遠のライバルですね。
お互い競い合っていい車を作っていただけると消費者はありがたいです。
欲を言うならば、価格を抑えてくれればうれしいです。
価格を抑えて程度の悪い車になっちゃうと考え物ですね。

価格とバリューのバランスですかね。

投稿: やまとたける | 2008年11月30日 (日) 15時59分

はじめまして、やまとたけるさん(^_^)/
コメントありがとうございます。

ずっと庶民の味方だったスズキも、今度のワゴンRではワイドバリエーション路線をとってきましたね。とりあえず、ベーシックグレードの価格は抑えているものの、売れ筋の上位グレードの価格はプレミアム路線をとるダイハツよりむしろ高かったりしますから。

個人的には単一グレードにしてバリューフォーマネーを狙う「ユニクロ方式」の方がいいと思うんですが・・・・

投稿: ヨシキ | 2008年11月30日 (日) 17時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/42906395

この記事へのトラックバック一覧です: 11/27の傍観車:

« 11/26の傍観車 | トップページ | 11/28の傍観車 »