« 2/18の傍観車 | トップページ | 2/20の傍観車 »

2009年2月19日 (木)

2/19の傍観車

 DOHC(ツインカム)エンジンの話をしましたが、現在のようにファミリーカーにまでこれが積まれるようになったのは、トヨタが1980年代半ばに登場させたハイメカ・ツインカムのおかげじゃないでしょうか。

 片方のカムにのみタイミングベルトを掛け、もう片方はシザーズギアという特殊な部品で駆動することにより、低コスト化を図るというアイデアは、いかにもトヨタらしいですよね。

 もちろん、これは特許も取ったので、ライバルメーカーが追従することは出来ず、幸か不幸か、ホンモノの?DOHCエンジンで対抗せざるを得なくなったわけです。

 あれから20数年、現在ではそのDOHCエンジンも製造コストがだいぶこなれてきたため、トヨタでも本来のDOHCエンジンが主流となりました。

|

« 2/18の傍観車 | トップページ | 2/20の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/43745511

この記事へのトラックバック一覧です: 2/19の傍観車:

» ランクル 80 [ランクル 80]
ランクル80について仕様の変更点など ランクル80の前期と後期の違い・見分け方を調べてみることにしました。 [続きを読む]

受信: 2009年2月20日 (金) 00時58分

« 2/18の傍観車 | トップページ | 2/20の傍観車 »