« 4/20の傍観車 | トップページ | 4/22の傍観車 »

2009年4月21日 (火)

4/21の傍観車

 センターピラーレス観音開きのドアを持つクルマで、現行のもの・・・・

 その筆頭がダイハツ・タントでしょう。このご時勢で、維持費が少しでも安い軽自動車でありながら、スペースが目一杯広いというのが売れている理由だと思います。

 そんなクルマには、このドア方式が良く合っていますよね。多少の重量増加もミニバンなら仕方ないでしょうし、年間走行距離がそんなに多くなければ、保険などを含むトータルの維持費でその分は取り返してしまいますから。

 ただ、そのイメージが「子育て家族」と「ヤンチャなアンちゃん」に限定されてしまっているのが残念です。

|

« 4/20の傍観車 | トップページ | 4/22の傍観車 »

コメント

タントはセンターピラーレスの「スライドドア」ですね。
観音開きはヒンジで、スライドよりも構造が簡単だし
電動スライドの場合はモーターも積みますから、
スライドドアの方が観音開きよりもさらにコスト高ですね。
でもオーナーの意見としては、やはり便利!
ピラーレススライドは子育て家族はもちろんのこと、
誰でも良さを体感できると思います、
宣伝の方向性がイメージを固めてしまってるのでしょうか。

投稿: エディ(管理人) | 2009年4月21日 (火) 22時49分

まいど、エディさん(^_^)/

そうですね。厳密に言えば、観音開きは前後ヒンジドアということになりますね。

そうなると、RX-8ですか・・・・

投稿: ヨシキ | 2009年4月22日 (水) 05時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/44299615

この記事へのトラックバック一覧です: 4/21の傍観車:

« 4/20の傍観車 | トップページ | 4/22の傍観車 »